top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

シリーズオンラインセミナー『幼児期から思春期までの認知行動療法』

本研修では、子どもの心理的支援に関わる専門職としては知っておくべき知識・技法であり、自閉スペクトラム症の子どもたちへの心理療法としても注目されている認知行動療法について、複数回にわたってさまざまな先生をお迎えし、研修を行っていただいております。 第6回は2021年10月16日(土)に開催させていただき、『子ども虐待防止のためのCBT』をテーマに、大河内美和先生(headspace:オーストラリアの青少年向けメンタルヘルスサービス)をお招きし、ご講演いただきます。

・ オーストラリアにおける子どものメンタルヘルスや虐待防止に関わる事情

・子ども虐待防止に効果のあるCBTプログラム

・オーストラリアで、エビデンスのあるCBTプログラムをどう実施しているか(システム)

・個別のセラピーで子ども虐待に関する問題をどう展開するか

・通常のCBTで対応できる子ども虐待の防止の仕方

などの内容を、このオンライン研修では含む予定です。 見逃し配信もございます。

研修会についての詳細のご確認・お申し込みは下記のURLより、よろしくお願いいたします。

https://cbt6.peatix.com/view

一般社団法人パーマネント・クリエイティブ・マインド 研

修担当 湯田 -eureka-

最新記事

すべて表示

オンライン精神分析研究会-トラウマ再考-

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。11年目となる2023年度は精神分析とトラウマを取り上げることにしました。フロイトは元々はトラウマ論から出発し、ヒステリーの治療を行ってきました。ヒステリーの原因は性的トラウマがある、という考えでした。しかし、その後、フロイトはトラウマは空想の産物であると転換し、内的空想

bottom of page