top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

セルフ認知行動療法体験ワークショップ2

セルフ認知行動療法体験ワークショップ2

【内容】

セルフ認知行動療法とは自分に対して行う認知行動療法のことです。

さまざまなセルフ認知行動療法を通して実体験として学びを深めることができ日常臨床にも活かせるような内容になります。

本ワークショップは3~5人の少人数グループに分かれ継続的にセルフ認知行動療法を実践していきます。クライエント体験を通して得る「気づき」を一緒に検討していきましょう。

【チュートリアルコース】

★1回1時間×全4回 です

★内容

①モニタリング

②認知的アプローチ 

③行動的アプローチ

④セルフレポート作成

★2週間に1度のペースで行います

(参加者全員でスケジュールを調整します)

★毎回ホームワークを出して、それに取り組みます!

【継続コース】

本機関でセルフ認知行動療法受講済みの方へ、継続的にセルフ認知行動療法を実施や、参加者との交流が出来る場所をご用意いたしました。

★毎月開催

★内容

①個人ごとに実施内容の決定

②実施後の振り返り

③座談会

※本機関でセルフ認知行動療法を受講済みの方向けです

【講師】岡村 優希

株式会社CBTメンタルサポート 代表取締役/公認心理師/臨床心理士/認定行動療法士

認知行動療法を専門とする私設心理相談室、スクールカウンセラー、ひきこもり支援等に従事した後、現在は株式会社CBTメンタルサポート代表取締役としてメンタルヘルス支援者向けサービス事業を展開中。オンラインコミュニティ『認知行動療法の学校』を主宰。セミナー講師経験も豊富で、Youtubeチャンネル(おかゆチャンネル)にて認知行動療法の情報を中心に発信中。

【日時】

★チュートリアルコース

期間:2023年6月~12月でご希望の開始月からスタートできます。

(各参加グループ毎に日程を調整して実施します)

★継続コース

期間:2023年6月~12月のお好きな月でご参加できます。

(各参加グループ毎に日程を調整して実施します)

【申込受付】

★チュートリアルコース

開始ご希望月の前月末日まで

★継続コース

参加ご希望月の前月末日まで

【参加費】

★チュートリアルコース

通常参加:20,000円(税込)

認知行動療法の学校生:10,000円(税込)

★継続コース

通常参加:5,000円(税込)

認知行動療法の学校生:2,500円(税込)

【会場】

オンライン

【対象】

心理支援者及び大学生、大学院生

【申込方法】

Ptixよりご希望コースのチケットをご購入ください。

【主催】

株式会社CBTメンタルサポート

【お問い合わせ】

株式会社CBTメンタルサポート 事務局

【公式ページ】




【チラシ】セルフ認知行動療法体験ワークショップ2
.pdf
ダウンロード:PDF • 538KB


最新記事

すべて表示

ロールプレイで学ぶ、子供支援のコンサルテーション~必要な情報の聴き取りと、介入プランシートを活用した支援方法~

【セミナータイトル】 ロールプレイで学ぶ、子供支援のコンサルテーション~必要な情報の聴き取りと、介入プランシートを活用した支援方法~ 【概要】 本セミナーでは子供支援における保護者や教師へのコンサルテーションについて、大切な姿勢や聴き取りの流れをロールプレイでご覧頂く事で学んで頂けます。また、コンサルテーションで聞き取った情報を介入プランシートを活用した支援方法の方策の立て方を一緒に練習して頂ける

「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」

神戸学院大学心理臨床カウンセリングセンター主催フォーラムのご案内 テーマ「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」 テーマを「中長期的被災地支援について考える」とし、シンポジストに髙橋紀子先生 (臨床心理士・公認心理師)を迎えます。 髙橋先生は大学勤務を経て、臨床心理士として福島県で被災地支援活動を開始。 南相馬ひきこもり支援センター、非営利団体「桃の駅」を立ち

WISC-Ⅴオンライン研修会~ⅣからⅤの変更ポイントをおさえ、よりよい支援につなげよう~

研修主催団体: NPOフトゥーロ 研修内容: ●S.E.N.S更新2ポイント(Ⅵ 領域)対象研修 ●臨床心理士ポイント申請予定 臨床心理士のポイントについては臨床心理士教育・研修委員会規程別項 第2条(4)、およびオンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)に則って申請予定です。 *ただし、2024年6月現在、本オンライン研修が臨床心理士ポイント付与の要件を満たすかは明確ではないことをご了解いた

Comments


bottom of page