top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

ニューロダイバーシティの視点から「合理的配慮」を問い直す

ニューロダイバーシティの視点から「合理的配慮」を問い直す


【内容】

ニューロダイバーシティとは、人の脳の働き方や認知の有り様が多様であることを認識し、それぞれの違いを尊重する考え方です。これは、自閉症、ADHD、学習障害など、神経の働き方が少数派な人々の権利擁護の社会運動であり、同時に人間理解の新たな眼差しでもあります。一方、合理的配慮は、個々の人々が持つ特性や能力、状況を理解し、それに応じて支援や配慮を行うことを指します。

本セミナーでは「発達障害」というラベリングに惑わされずに、個人の多様性を尊重した人間理解の眼差しや支援についてお伝えします。


【学べる事(抜粋)】

・ニューロダイバーシティ

・合理的配慮


【セミナー時間】

3時間(1時間は質疑応答)


【会場】

オンライン(ライブ参加・録画視聴)


【日時】

2023年9月23日(土)13:00~10月23日(火)23:55


【申込受付】

ライブ:2023年9月22日まで

録画:2023年10月21日まで


【受講料】

ライブ参加 + 録画視聴 ・・・3,800円(税込)

録画視聴のみ ・・・・・・・・4,500円(税込)


【講師】

村中直人

公認心理師、臨床心理士

1977年生まれ。大阪市立大学卒業後、京都文教大学大学院にて臨床心理学を学ぶ。一般社団法人「子ども・青少年育成支援協会」代表理事、株式会社「クリップオン・リレーションズ」取締役。「日本ニューロダイバーシティ研究会」発起人。 脳・神経由来の異文化相互理解という視点で2008年から発達障害支援事業の立ち上げと運営に携わり、現在は発達障害サポーター’sスクールの事業責任者として支援者の育成にも力を入れている。


【対象】

メンタルヘルス支援者、教職員、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー、支援者を目指す学生


【臨床心理士ポイント】

臨床心理士ポイント申請なし(5時間未満のため)


【申込み方法】

以下のページよりチケットをご購入ください。


【主催】

認知行動療法カウンセリングセンター


【お問い合わせ先】

認知行動療法カウンセリングセンター

事務局


【公式ページ】



【チラシ】ニューロダイバーシティの視点から「合理的配慮」を問い直す
.pdf
ダウンロード:PDF • 278KB

最新記事

すべて表示

京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター主催第26回リカレント教育講座

京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター主催 第26回リカレント教育講座 日時:2024年8月11日(日)午前9時30分~午後4時50分 場所:京都大学百周年時計台記念館 アクセス:https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r-y (青い四角の3番の場所になります) シンポジウム:「『心の教育』を考える」-現代におけ

アーカイブ視聴「子どものためのトラウマフォーカスト認知行動療法(TF-CBT)概論講座 入門編」

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 トラウマ・フォーカスト認知行動療法(TF-CBT)は、 トラウマやトラウマ性悲嘆を受けた子どもへの治療法として、コーエン博士らによって、四半世紀以上の臨床研究と実践現場での適用の試みを通してモデル化されたものです。TF-CBTは、信頼すべき理論的基盤を持ち、科学的に効果が実証された厳密な臨床家の養成システムに支えられているアプローチです。 TF-

奈良大学臨床心理センター新築移転記念講演会

研修主催団体: 奈良大学臨床心理センター 研修内容: 奈良大学臨床心理センター 新築移転記念講演会のご案内 奈良大学臨床心理クリニックは、今年度より臨床心理センターと改名し、奈良大隠し基地内に新築移転いたしました。これを機に、記念講演会を開催いたすことになりました。どうぞご来場ください。 「むなしさ」の味わい方~とくに歌から学ぶ 講師:北山修先生(白鷗大学学長、九州大学名誉教授) 日時:2024年

Commenti


bottom of page