top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

ボディワークのワークショップ(ベーシック)

Ego State Therapy Japanでは、この度ハートマン博士をお招きして、ボディワークのワークショップ(ベーシック)を開催させていただくことになりました。

このワークショップでは、デモンストレーションの中で、ポリヴェーガル理論と、リヴァイン博士によって解発されたソマティック・エクスペリエンシングのアプローチ、現代臨床催眠の戦略を組み合わせることで、トラウマを抱えたクライエントとの「ペンデュレーション・テクニック」といった身体的介入の活用方法について扱うつもりです。


★以下のリンクより研修の詳細をご確認下さい


★教育上の目的 ワークショップの終わりに参加者は、

1.トラウマや解離、自己調整、それらの関係性の神経生理学的基盤について理解できる。

2.ポージェス博士のポリヴェーガル理論とトラウマ治療におけるその応用について理解できる。

3.トラウマを抱えたクライエントを安定化させる催眠的ソマティック・テクニックのからくりと、身体志向のリソースの引き出し方について理解できる。

4.催眠的ソマティック・テクニックの組み合わせが、クライエントが全体性を再体験するのを可能にしてくれる、フローやエンボディメント、一貫性、自己調整を促進する方法について理解できる。

5.トラウマを抱えたクライエントの神経系の内に、内的なバランスを自己調整し、創り直すペンデュレーション・テクニックの活用と適用について理解できる。

6.催眠と使う場合と使わない場合の具体的なソマティック・テクニックと、それを実践に統合する方法を適用できる。

本ワークショップは、講義やデモンストレーション、そして実習の形式をとる必要があることから、対面式での開催となっております。オンラインでの提供はいたしませんので、ご注意くださいますようお願い申し上げます。


日程:2023年2月24日(金)から2月26日(日)

2/24(金) 10:00~17:30 (受付は9時開始予定)

2/25(土) 9:30~17:00 2/26(日) 9:30~17:00


会場:兵庫県中央労働センター 小ホール (https://hyogo-churou.com/


トレーナー:Woltemade Hartman博士


対象:医師、臨床心理士、公認心理師を含む対人援助職の方またはその訓練中の大学院生


参加費:

早割(税込み) 62、700円(1/22(日)まで)

通常(税込み) 69、300円(2/17(金)まで)

学割(税込み) 52、800円(2/17(金)まで)

○以下のリンクからお申し込みが可能です


注意1:会場は定められた感染対策を取っております。なお、ご参加の方には、3回のCOVID-19ワクチン接種の証明書の提出をお願いしております。 受付にて確認をいたしますので、新型コロナワクチンの予防接種3回以上をなされているという証明書をご持参いただきたく存じます。 なお、アレルギーなどで接種できない方については、事務局にご相談下さい。その場合は、直前にPCR検査を受けていただき、陰性証明書を提出することでご参加いただける可能性があります。 感染防止対策のため、ご理解の程よろしくお願いいたします。

注意2:キャンセル・ポリシーについては、こちらの(社)Ego State Therapy Japanが制定したものに準じます。ご理解の程よろしくお願いいたします。

最新記事

すべて表示

司法心理療法カンファレンス

研修主催団体: 非行・犯罪の問題に取り組む臨床家ネットワーク(NCWDC) 研修内容: 『司法心理療法カンファレンス』を開催します。 【概要】 英国を中心に立ち上がった犯罪への精神分析的アプローチである司法心理療法についての講演と事例検討会を行ないます。 この領域の第一人者の一人であるRonald Doctor氏を招いて、日本で初めての本格的なカンファレンスです。 【主催】 非行・犯罪の問題に取り

オンライン精神分析研究会-トラウマ再考-

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。11年目となる2023年度は精神分析とトラウマを取り上げることにしました。フロイトは元々はトラウマ論から出発し、ヒステリーの治療を行ってきました。ヒステリーの原因は性的トラウマがある、という考えでした。しかし、その後、フロイトはトラウマは空想の産物であると転換し、内的空想

【オンラインセミナー】スクールカウンセリングのこれから、スクールカウンセラーのこれから ~『生徒指導提要』の改訂が示す子どもの支援

研修主催団体: 株式会社創元社 研修内容: 【オンラインセミナー】スクールカウンセリングのこれから、スクールカウンセラーのこれから ~『生徒指導提要』の改訂が示す子どもの支援 【概要】 不登校やいじめ、また発達障害による困難など、学校生活で苦戦する子どもが増えている。新しく改訂された『生徒指導提要』では、一人ひとりの子どもの個性を発見し、よさや可能性を伸ばす「生徒支援」を目指している。まさにスクー

bottom of page