• 兵庫県臨床心理士会

マインドフルネスの活用法を学ぶ研修会-学びの価値とコンピテンシーモデルを知る-

マインドフルネスの学びの場を見かけることが増えた一方で、学び方の道案内や、支援場面での活用法(コンピテンシーモデル)をテーマにした研修会はそこまで多くなく、「なんとなく」の学びを続けている方もいらっしゃると想像します。 今回は、実践家である藤本志乃先生に、基礎的内容含め、学び方や支援での活用法についてレクチャーいただき、自分自身&支援での活用が明確になることを目指します。事前アンケートや匿名投稿ツールを用いて、相互的に学びを深めていただくことができます。また,当日参加と録画視聴のご希望の形式をお選びいただけます。マインドフルネスを通し、より良い支援の実現を目指す研修会です。

【講師紹介】 藤本志乃 氏 臨床心理士/公認心理師/マインドフルネス瞑想講師 教育相談員の経験の後、腎臓内科で主に透析患者を対象にしたカウンセリングに従事。臨床・研究・講演活動なども積極的に行ってきた。 2020年に「ウェルビーイングのためのカウンセリングルームLe:self」オープン。気軽な心ケアに出会えるカウンセリングルームを目指し、オンラインでのカウンセリングはもちろん、マインドフルネス、ACTなどのワークショップ・イベントを開催している。

【主なプログラム】 マインドフルネスがなぜ良いのか ・脳科学研究等の知見から 支援でマインドフルネスを使う ・相手にも自分にも優しい支援のための実践 ・支援で提供するには ・クライエントの感覚をどう捉えるか ・ワーク:聞くマインドルフネスの実践とシェア マインドフルネス体験と日常での実践・学び方の例 質疑応答/まとめなど

【対象】対人支援職(福祉/教育/心理等)や学生

【料金】当日参加/録画視聴 2500円(両方4500円) ※ご友人紹介チケット500円 ※学生500円OFF

【日時】2022年1月16日(日) 15時-17時

【録画視聴期間】1/30-2/27

【申込フォーム】https://forms.gle/zGWbj7nJjzRP5JQP6

【ホームページ】こちら

【お問い合わせ】assemble.psy@gmail.com

【備考】 対人支援職向け団体Assembleは、支援職にとって、安定して学べる場を会得することや新たなつながりを作っていくことを目的とした団体です。 今後も様々な研修会を開催していく予定です。今後の研修会内容については以下のアカウントで随時紹介していきます。興味のある方はフォローよろしくお願い致します。

【Twitter】@Assembl88321106

最新記事

すべて表示

【第3回近畿認知療法・認知行動療法学会のご案内】 第3回近畿認知療法・認知行動療法学会事務局でございます。平素は学会活動にご理解とご協力を賜り、心より厚く御礼申し上げます。 この度、第3回近畿認知療法・認知行動療法学会の開催日程が決定し、大会ホームページ(参加登録サイト)を開設致しましたのでお知らせ致します。下記URLより内容をご確認いただければ幸いです。多数の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げて

主催:対人支援職向け団体Assemble クライエントとの信頼性(ラポール)の築き方、思うように支援が行き届かないこと、様々な背景(家族関係、発達障がい等)の理解など、依存症支援には、特有の難しさに出会うことが多くあります。 今回は、依存症当事者運営の回復施設と協働する、ゲーム障害等嗜癖行動支援施設「カウンセリングスペースやどりぎ」の谷川芳江先生をお招きし、福岡市の委託事業「ゲーム依存等に対応した