• 兵庫県臨床心理士会

ワークショップ『行動嗜癖としてのギャンブル依存:研究と実践』

関西学院大学心理科学実践センター

ワークショップ『行動嗜癖としてのギャンブル依存:研究と実践』


〇開催日時・場所  2021年3月6日(土) 13:30~16:50 Webセミナー(Zoom)

〇講師  木戸 盛年 先生(大阪商業大学・助教)

〇料金  3,000円

〇参加対象者  依存症に関わる心理専門家、医師、対人援助職を含め、ギャンブル障害に関心のある方(先着30名)

〇ワークショップの内容

①ギャンブル障害のこれまでとこれから ・依存・嗜癖の概念の変遷 ・ギャンブル産業の現状:日本はギャンブル大国 ・ギャンブル障害の対策:IRカジノの誘致で進んだ対策

②ギャンブル障害の治療のために知っておきたいこと ・ギャンブル障害の治療の現状 ・ギャンブル障害集団プログラムSAT-Gの内容と実践

③ギャンブル障害の予防のために知っておきたいこと ・ハームリダクション(Harm Reduction)について ・ギャンブル障害の予防の現状 ・Responsible Gambling(Gaming)について知る


〇申し込み方法 関西学院大学心理科学実践センターのHPの申込フォームからお申し込みください。 http://psyser.kwansei.ac.jp/gambling0306/

最新記事

すべて表示

10分で出来る睡眠改善アプローチ~簡易型認知行動療法入門~

研修主催団体: 京都CBTセンター 【内容】外来、病棟、地域保健などの現場で、睡眠の問題は最もよくきかれるお困りごとのひとつです。本研修では認知行動療法を用いて、限られた時間の中で効果的に不眠を改善する手技を学びます。 【会場】オンライン(LIVE視聴か録画視聴、いずれかをお選び頂けます) 【参加形態】個人参加か団体参加、いずれかをお選び頂けます。 ※団体参加は、7名までとなっております。多職種ス

愛育相談所 2021年度オンライン研修セミナー

愛育相談所では、毎年8月に子どもとその家族に関わる専門家の方を対象とした研修セミナーを開催しております。昨年に引き続き今年も新型コロナウィルス感染拡大予防の観点から、オンラインでの研修セミナーを実施します。 今回のテーマは「発達障害」です。子どもの心を支え治療することに取り組む臨床家は、発達障害(DSM-5の「神経発達症群」)の諸特性を持つ子ども、とりわけ自閉スペクトラム症(ASD)あるいは注意欠