• 兵庫県臨床心理士会

ワークショップ『行動嗜癖としてのギャンブル依存:研究と実践』

関西学院大学心理科学実践センター

ワークショップ『行動嗜癖としてのギャンブル依存:研究と実践』


〇開催日時・場所  2021年3月6日(土) 13:30~16:50 Webセミナー(Zoom)

〇講師  木戸 盛年 先生(大阪商業大学・助教)

〇料金  3,000円

〇参加対象者  依存症に関わる心理専門家、医師、対人援助職を含め、ギャンブル障害に関心のある方(先着30名)

〇ワークショップの内容

①ギャンブル障害のこれまでとこれから ・依存・嗜癖の概念の変遷 ・ギャンブル産業の現状:日本はギャンブル大国 ・ギャンブル障害の対策:IRカジノの誘致で進んだ対策

②ギャンブル障害の治療のために知っておきたいこと ・ギャンブル障害の治療の現状 ・ギャンブル障害集団プログラムSAT-Gの内容と実践

③ギャンブル障害の予防のために知っておきたいこと ・ハームリダクション(Harm Reduction)について ・ギャンブル障害の予防の現状 ・Responsible Gambling(Gaming)について知る


〇申し込み方法 関西学院大学心理科学実践センターのHPの申込フォームからお申し込みください。 http://psyser.kwansei.ac.jp/gambling0306/

最新記事

すべて表示

オンラインセミナー「WISC-Ⅳアドバンスセミナー(解釈と所見作成編)」

●オンラインセミナー「WISC-Ⅳアドバンスセミナー(解釈と所見作成編)」 日時:2021年7月18日(日)14:00~17:00 講師:鈴木眞弓 先生(心理オフィスKカウンセラー、臨床心理士、公認心理師) 費用:5,200円 開催場所:Zoomによるオンライン開催 参加資格:臨床心理士、公認心理師、医師、心理職、カウンセラー、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、看

オンラインセミナー「模擬面接で学ぶ困難事例の認知行動療法」

●オンラインセミナー「模擬面接で学ぶ困難事例の認知行動療法」 日時:2021年6月20日(日)13:00~16:00 講師:岡村優希 先生(京都CBTセンター所長、公認心理師、認定行動療法士、臨床心理士) 費用:5,000円 開催場所:Zoomによるオンライン開催 参加資格:臨床心理士、公認心理師、医師、心理職、カウンセラー、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、看

「心理職1年目のためのカウンセリング入門」

●無料オンラインセミナー「心理職1年目のためのカウンセリング入門」 日時:2021年5月11日(火)20:00~21:30 講師:北川清一郎(心理オフィスK代表、臨床心理士・公認心理師) 費用:無料 開催場所:Zoomによるオンライン開催 参加資格:心理職、対人援助職、大学生、大学院生など 申し込み:申し込みフォーム https://s-office-k.com/professional/semi

© 2021 兵庫県臨床心理士会