• 兵庫県臨床心理士会

ワークショップ『行動嗜癖としてのギャンブル依存:研究と実践』

関西学院大学心理科学実践センター

ワークショップ『行動嗜癖としてのギャンブル依存:研究と実践』


〇開催日時・場所  2021年3月6日(土) 13:30~16:50 Webセミナー(Zoom)

〇講師  木戸 盛年 先生(大阪商業大学・助教)

〇料金  3,000円

〇参加対象者  依存症に関わる心理専門家、医師、対人援助職を含め、ギャンブル障害に関心のある方(先着30名)

〇ワークショップの内容

①ギャンブル障害のこれまでとこれから ・依存・嗜癖の概念の変遷 ・ギャンブル産業の現状:日本はギャンブル大国 ・ギャンブル障害の対策:IRカジノの誘致で進んだ対策

②ギャンブル障害の治療のために知っておきたいこと ・ギャンブル障害の治療の現状 ・ギャンブル障害集団プログラムSAT-Gの内容と実践

③ギャンブル障害の予防のために知っておきたいこと ・ハームリダクション(Harm Reduction)について ・ギャンブル障害の予防の現状 ・Responsible Gambling(Gaming)について知る


〇申し込み方法 関西学院大学心理科学実践センターのHPの申込フォームからお申し込みください。 http://psyser.kwansei.ac.jp/gambling0306/

最新記事

すべて表示

【第3回近畿認知療法・認知行動療法学会のご案内】 第3回近畿認知療法・認知行動療法学会事務局でございます。平素は学会活動にご理解とご協力を賜り、心より厚く御礼申し上げます。 この度、第3回近畿認知療法・認知行動療法学会の開催日程が決定し、大会ホームページ(参加登録サイト)を開設致しましたのでお知らせ致します。下記URLより内容をご確認いただければ幸いです。多数の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げて

主催:対人支援職向け団体Assemble クライエントとの信頼性(ラポール)の築き方、思うように支援が行き届かないこと、様々な背景(家族関係、発達障がい等)の理解など、依存症支援には、特有の難しさに出会うことが多くあります。 今回は、依存症当事者運営の回復施設と協働する、ゲーム障害等嗜癖行動支援施設「カウンセリングスペースやどりぎ」の谷川芳江先生をお招きし、福岡市の委託事業「ゲーム依存等に対応した