top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

<一般社団法人公認心理師の会 2023年 年次総会・研修会>

<一般社団法人公認心理師の会 2023年 年次総会・研修会>

会期 2023年8月19日(土)・20日(日)

会場 東京大学駒場キャンパス 21KOMCEE EAST

後援 公認心理師養成大学教員連絡協議会(公大協)


総会テーマ「エビデンスにもとづく公認心理師の新しい時代を切り拓こう」


公認心理師でない方や非会員含め誰でもご参加いただけます。

参加申込〆切は8月17日(木)。

医療、教育、司法、産業、福祉など多様なプログラムで

丸一日学びを深められます。


●研修会 8月19日(土) ワークショップ

WS1 認知行動療法における心理支援の組み立て方 谷口敏淳

WS2 はじめて学ぶ不登校支援の認知行動療法 高橋史

WS3 非行・犯罪の問題に対する心理学的アプローチ

 ~公認心理師として知っておきたい基礎知識とテクニック~ 寺田孝・有野雄大

WS4 産業・労働分野におけるメンタルヘルスとキャリア 金井篤子

WS5 認知症の人とその家族への心理的アプローチ 野口代・森本浩志

WS5 エビデンスにもとづいた実践をどう進めるか:ケースフォーミュレーションとPDCA 山本淳一


●年次総会 8月20日(日) シンポジウム

PG1 脳の働きに障害を持つ人と出会ったら

 ―高次脳機能障害、認知症、統合失調症、発達障害のアセスメントと支援―

PG2 福祉・教育領域における公認心理師の協働によるシームレスな就学支援

PG3 公認心理師養成のための実習指導者 講習会の開始に向けて

 ★厚生労働省 公認心理師制度推進室から話題提供

PG4 司法・犯罪・嗜癖領域の公認心理師に求められるチカラ

PG5 発達支援における包括的アセスメントから支援の方向性

PG6 オンラインメンタル相談支援システムの社会受容性

PG7 MCTの理論と実践

PG8 デジタルメンタルヘルス

PG9 公認心理師の共通コンピテンス

PG10 多様な現場における公認心理師による認知行動療法の実際と課題

 ~総合病院・がん医療・産業保健分野の実践~


詳しくは添付したファイルまたは下記サイトをご参照ください。



年次総会チラシ2023年7月21日版
.pdf
Download PDF • 693KB

最新記事

すべて表示

司法心理療法カンファレンス

研修主催団体: 非行・犯罪の問題に取り組む臨床家ネットワーク(NCWDC) 研修内容: 『司法心理療法カンファレンス』を開催します。 【概要】 英国を中心に立ち上がった犯罪への精神分析的アプローチである司法心理療法についての講演と事例検討会を行ないます。 この領域の第一人者の一人であるRonald Doctor氏を招いて、日本で初めての本格的なカンファレンスです。 【主催】 非行・犯罪の問題に取り

bottom of page