• 兵庫県臨床心理士会

一般社団法人日本遊戯療法学会第18回研修会

一般社団法人日本遊戯療法学会第18回研修会

テーマ:「現代の子育てからみた子どものこころと遊び-新型コロナ流行の状況を踏まえて」

日時:2021年11月7日(日) 10時30分〜16時30分

会場:Zoomによるオンライン開催

プログラム 10:30 開会挨拶

10:40~12:30 基調講演

「現代の子育てからみた子どものこころと遊び-新型コロナ流行の状況を踏まえて」

  講師 高石 恭子 先生(甲南大学)

司会 小林真理子 (研修委員・放送大学)

13:30~16:30 事例シンポジウム

事例提供:「載せる遊びを展開させる幼児とのプレイセラピー」

  指定討論:高石 恭子 先生(甲南大学)

     大山 泰宏 先生(放送大学)

  司会  波多江洋介(研修委員・白百合女子大学)


1.参加資格

①日本遊戯療法学会会員

②臨床心理士または公認心理師の資格を有する非会員

③臨床心理学専攻の大学院生

※いずれも発表事例に関する守秘義務を遵守できる方

※オンライン配信に関する留意点を順守できる方


2.定員 150 名 

※参加者が多い場合は、学会員優先となりますのでご了承ください。


3.参加費

①会員 3,000 円

②非会員 4,000 円

③大学院生 2,000 円


4. 参加申し込み方法

電子メールでお申し込みください。受付は先着順になります。

必要事項【氏名(ふりがな)、参加資格種別(会員・非会員・大学院生)、臨床心理士の方は登録番号、所属、職名、メールアドレス】を記入のうえ、下記アドレスに2021年10月9日(水)までにメールにて申し込んでください。(件名は「遊戯療法学会研修会の参加申込」としてください。)

申込先メール playtherapy2021@gmail.com

※この研修は、(公財)日本臨床心理士資格認定協会にポイント申請する予定です。

詳細は8月16日以降に学会ホームページをご覧ください。


日本遊戯療法学会HP https://www.playtherapy.jp/

最新記事

すべて表示

ソマティック・エクスペリエンシング・SE™トラウマ療法 2023年SE™福島 SE™プラクティショナー養成コースのご案内 2023年より、SE™がさらに学びやすくなります! SE™は、米国のピーター・ラヴィーン博士によって開発されたトラウマ療法で、世界各国で実践されています。日本でも、臨床心理士、精神科医、ボディーワーカーなどの方たちを中心にしてこれまで12期(約540名)が学んでいます。SE™で

アーカイブ視聴「不安症へのエクスポージャー法」 ■概要 不安は誰もが経験する感情です。不安自体は生きていく上でなくてはならない大切な感情ですが、時に日常生活に支障を及ぼすほどの影響を及ぼすことがあります。社交不安、恐怖症、パニック症などさまざまな症状として出現します。 本セミナーでは、こうした不安症状ついての基本的な知識や治療技法についてまずは講義します。特に不安症にはエクスポージャー法が重要にな

例年、花園大学心理カウンセリングセンターでは公開講演会を実施してきました。昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、オンライン(オンデマンド)配信での実施となりましたが、今年度は対面形式に戻しての開催となります。 講演会の概要はチラシをご覧ください。 多数のお申し込みをお待ちしています。 花園大学心理カウンセリングセンター