• 兵庫県臨床心理士会

一般社団法人 兵庫県公認心理師会 主催 心理検査を現場でどう活かすか シリーズ3『神経心理学の視点で拡がる知能検査の解釈と実践』

一般社団法人 兵庫県公認心理師会 主催

 心理検査を現場でどう活かすか シリーズ3

  『神経心理学の視点で拡がる知能検査の解釈と実践』


[内容]

第1部:講 演 「神経心理学を活かした知能検査の解釈と実践」

 花園大学社会福祉学部 小海 宏之 先生

第2部:検査事例の講師解説

 話題提供① 「精神科臨床における成人のWAIS実施事例」

  明石こころのホスピタル 高寄 誠 先生

 話題提供② 「発達に課題を有する難聴中学生のWISC実施事例」

  兵庫県立神戸聴覚特別支援学校 服部 泰子 先生


[日時] 2022年2月26日(土)13:00~16:00 12:30から受付開始


[会場] Zoomによるオンライン開催(Wi-Fi環境下での参加をお勧めします)


[参加費]

 兵庫県公認心理師会 会員(会費をお支払い済みの方)2000円

 兵庫県公認心理師会 非会員 3000円

 ※申込者の事情でキャンセルされた場合は返却できませんのでご了承ください。


[参加資格]

 ①公認心理師有資格者

 ②公認心理師資格見込み者

 ③公認心理師養成課程の大学院生

 ④心理関連資格保有者(学校心理士、産業カウンセラー、特別支援教育士、臨床心理士、臨床発達心理士(※50 音順))

 ⑤現任者講習受講者で公認心理師資格受験予定者


[申込方法] 2022年2月19日12時00分までに、申込ページ( https://sinrikensa3.peatix.com/ )にアクセスし、必要事項を記入のうえ、クレジットカード、コンビニ、PayPalから決済方法を選択して、参加費をお支払いください。


[お問合せ] 一般社団法人兵庫県公認心理師会

Eメール office@hyogo-cpp.com

ホームページ https://www.hyogo-cpp.com

(2022.02.26)神経心理学の視点で広がる知能検査の解釈と実践
.pdf
Download PDF • 331KB


最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒