• 兵庫県臨床心理士会

乳幼児期の発達を学ぶ ~からだ、こころ、食べること、コミュニケーション~

乳幼児期の発達を学ぶ

~からだ、こころ、食べること、コミュニケーション~

心理職は、市町村の母子保健事業や療育手帳の判定等で心理検査を実施 し、保護者に助言指導を行うことも多いです。 本研修では、昨年度好評だった小児科医の宇野里砂先生より、乳幼児期の 発達(姿勢、運動、視線や生理機能、情緒等)についてご講義いただきます。 また言語聴覚士の都築昌子先生からは、摂食やコミュニケーション、言葉や 発音の発達、吃音についてご講義いただきます。皆様の参加をお待ちしてい ます。(宇野先生の講義内容は、昨年度と重複する部分があることをご了承ください。)


【講 師】 宇野里砂 先生(武庫川女子大学 准教授・小児科医)

【講 師】 都築昌子 先生(ことばと発達の相談室 はじまりの家 言語聴覚士)

【開催形式】 オンライン(講義、全体でのディスカッション)

【費 用】 大阪府臨床心理士会会員 3,000円

     当会非会員(公認心理師含む) 5,000円

※申込確認後、振込先口座を記載したメールをお送りいたします

※振込手数料はご負担ください。キャンセル後の返金は出来ません。

【 日 時 】 2022年8月28日(日) 10:00~16:30

【対 象】 臨床心理士(研修ポイント申請あり)、公認心理師

【定 員】 100名

【会 場】 zoomによるオンライン研修

【申込方法】 URLまたは二次元バーコードからお申込みください。

【お問合せ先】 iryouhoken.nyuyouji@gmail.com

【申込期日】 2022年8月14日(日)



最新記事

すべて表示

ソマティック・エクスペリエンシング・SE™トラウマ療法 2023年SE™福島 SE™プラクティショナー養成コースのご案内 2023年より、SE™がさらに学びやすくなります! SE™は、米国のピーター・ラヴィーン博士によって開発されたトラウマ療法で、世界各国で実践されています。日本でも、臨床心理士、精神科医、ボディーワーカーなどの方たちを中心にしてこれまで12期(約540名)が学んでいます。SE™で

アーカイブ視聴「不安症へのエクスポージャー法」 ■概要 不安は誰もが経験する感情です。不安自体は生きていく上でなくてはならない大切な感情ですが、時に日常生活に支障を及ぼすほどの影響を及ぼすことがあります。社交不安、恐怖症、パニック症などさまざまな症状として出現します。 本セミナーでは、こうした不安症状ついての基本的な知識や治療技法についてまずは講義します。特に不安症にはエクスポージャー法が重要にな

例年、花園大学心理カウンセリングセンターでは公開講演会を実施してきました。昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、オンライン(オンデマンド)配信での実施となりましたが、今年度は対面形式に戻しての開催となります。 講演会の概要はチラシをご覧ください。 多数のお申し込みをお待ちしています。 花園大学心理カウンセリングセンター