top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

令和5年度 リハビリテーション心理職研修会~高次脳機能障害者への心理支援~(オンライン研修)

令和5年度 リハビリテーション心理職研修会 ~高次脳機能障害者への心理支援~(オンライン研修)実施要綱

1 目 的 リハビリテーション心理の実務に必要な専門的知識及び技術を習得させることを目的とする。 2 主 催 国立障害者リハビリテーションセンター 3 期 間 令和5年10月16日(月)~10月18日(水) 4 場 所 国立障害者リハビリテーションセンター学院よりオンライン開催(Zoom を使用) (職場、ご自宅などでの受講になります) 5 受入定員 50名 6 受講資格 ・障害者支援施設、リハビリテーション病院等において、現に心理査定等の業務に従事する心理職の者。 ・Web会議ツール「Zoom」を使用してのオンライン研修になるため、1 人1台のカメラ+マイク付のPC、タブレット等で受講ができ、かつ有線LAN・Wi-Fiなど研修会を視聴できる安定したインターネット環境が整っていること。スマートフォンでの参加はできません。 ・研修中のグループ活動やワークなどでブレイクアウトセッションを使用するため、カメラオン・マイクオン・氏名表示可能なこと。 ・3日間全講義参加可能なこと。 7 研修内容 別紙日程表のとおり。 8 研修会費用 2,200円(後納。研修会終了後に納入告知書を送付いたしますので、納付をお願いいたします。) 9 受講手続 受講希望者は、当センター学院ホームページ(下記 URL)にアクセスし、申込案内に従いお申し込みください。 URL:

http://www.rehab.go.jp/College/japanese/kenshu/schedule_2023/ 10 申込締切 令和5年9月12日(火)17:00 11 受講可否通知 令和5年9月15日(金)までに本人宛(お申込み時にご登録いただいたメールアドレス宛)に通知します。期日を過ぎても受講可否通知が届かない場合は、下記の連絡先までお問い合わせください。 なお、定員を上回る応募があった場合には、抽選等により決定とさせていただく場合がありますので、あらかじめ御了承ください。 12 修了証書 研修会全日程を修了した方に対し、修了証書を授与します。修了証書は研修会修了後、研修会費用の納付が確認でき次第郵送いたします。 なお、遅刻、早退等があった場合、修了証書を授与できない場合がありますので御注意ください。 13 日本臨床心理士資格認定協会の研修ポイント 本研修会は公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認める「臨床心理士教育・研修委員会規定別項」第2条(4)に該当します。当学院の規定に従い全日程を参加した受講者は2ポイント取得できます。 14 日本公認心理師協会「テーマ別研修」 日本公認心理師協会「テーマ別研修」登録申請中です。 15 その他 ①お申し込みの際は、お名前の文字等正しくご入力ください。なお、申し込み後の入力事項の誤りに気づかれた場合は、下記連絡先へご連絡ください。 ②研修会最終日の終了時間は、プログラムの進行延長若しくは変更される場合がございます。 ③一部受講は受付しておりません。

【本研修会の連絡先】 〒359-8555 埼玉県所沢市並木 4 丁目 1 番地 国立障害者リハビリテーションセンター学院 研修担当 TEL04-2995-3100(内線 2612) FAX04-2996-0966 電子メール:kenshu1@rehab.go.jp URL http://www.rehab.go.jp/College/japanese/kenshu/


【実施要綱】令和5年度リハビリテーション心理職研修会~高次脳機能障害者への心理支援~
.pdf
Download PDF • 134KB

【日程表】令和5年度リハビリテーション心理職研修会~高次脳機能障害者への心理支援~
.pdf
Download PDF • 113KB

受講申込書(リハビリテーション心理職研修会)
.xlsx
Download XLSX • 109KB



最新記事

すべて表示

司法心理療法カンファレンス

研修主催団体: 非行・犯罪の問題に取り組む臨床家ネットワーク(NCWDC) 研修内容: 『司法心理療法カンファレンス』を開催します。 【概要】 英国を中心に立ち上がった犯罪への精神分析的アプローチである司法心理療法についての講演と事例検討会を行ないます。 この領域の第一人者の一人であるRonald Doctor氏を招いて、日本で初めての本格的なカンファレンスです。 【主催】 非行・犯罪の問題に取り

オンライン精神分析研究会-トラウマ再考-

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。11年目となる2023年度は精神分析とトラウマを取り上げることにしました。フロイトは元々はトラウマ論から出発し、ヒステリーの治療を行ってきました。ヒステリーの原因は性的トラウマがある、という考えでした。しかし、その後、フロイトはトラウマは空想の産物であると転換し、内的空想

【オンラインセミナー】スクールカウンセリングのこれから、スクールカウンセラーのこれから ~『生徒指導提要』の改訂が示す子どもの支援

研修主催団体: 株式会社創元社 研修内容: 【オンラインセミナー】スクールカウンセリングのこれから、スクールカウンセラーのこれから ~『生徒指導提要』の改訂が示す子どもの支援 【概要】 不登校やいじめ、また発達障害による困難など、学校生活で苦戦する子どもが増えている。新しく改訂された『生徒指導提要』では、一人ひとりの子どもの個性を発見し、よさや可能性を伸ばす「生徒支援」を目指している。まさにスクー

bottom of page