top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

令和5年度 清水が丘学園児童心理臨床セミナー 第23回 公開講座

令和5年度 清水が丘学園児童心理臨床セミナー 第23回公開講座 

 

1 目的   

  現在、子どもの直面する課題は複雑化しており、多岐にわたる。そのため、学校現場では個々に応じた対応の必要が高まっており、子どもそれぞれの背景や考えを理解することが求められている。

集団になじみにくい子ども達の状況や声をしっかり聴き、子ども本来の良い力を伸ばすための支援者の視点や子どものニーズに応える支援のあり方について考える機会としたい。

2 主催   

兵庫県社会福祉事業団 兵庫県立清水が丘学園

3 後援   

兵庫県、兵庫県教育委員会、明石市教育委員会、ひょうごボランタリープラザ 兵庫県児童養護連絡協議会、神戸市児童養護施設連盟(予定)

4 助成   

ひょうごボランタリー基金友愛事業(予定)

5 日時   

令和5年8月4日(金)

10時30分~16時00分

6 会場   

ZOOMによるオンラインセミナー

7 参加対象者   

地域の幼稚園・保育所の職員、小学校・中学校・高等学校等の教職員、心理士、行政関係者、児童福祉施設の職員等

8 定員   

200人

9 参加費   無料

10 タイムテーブル・内容

10:00   受付開始

10:30   開会 

清水が丘学園概要説明

11:00   シンポジウム

「社会的少数者への支援-個の尊重と社会とのつながり-」

コメンテーター:羽下 大信 先生(住吉心理オフィス)

シンポジスト:坂本 太一 先生(西宮すなご医療福祉センター)

        中岡 真帆(兵庫県立清水が丘学園)

12:30   休憩

13:30   ワーク型研修

「子どもの心の力を引き出すための新しい視点と工夫について

~ポリヴェーガル理論を中心に」

講師:福島 美由紀 先生

(兵庫県スクールカウンセラー、伊丹市スクールカウンセラー)

16:00   閉会

【参加申し込み】

その他、お問い合わせは下記までお願いします。

〒674-0074 明石市魚住町清水2744 兵庫県立清水が丘学園

TEL (078) 943-0501   

最新記事

すべて表示

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践 【内容】 セルフ・コンパッションをご存知ですか? 「自分自身に思いやりを向けること」を意味し、CFT(コンパッション・フォーカスト・セラピー)で用いられている手法です。うつ病、不安症、PTSD、双極性障害など幅広く効果が実証されています。 本セミナーではCFTの創始者であるポール・ギルバート博士か

Commentaires


bottom of page