top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

令和5(2023)年度 第2回兵庫県スクールカウンセラー研修会・研究連絡会(年次別)

【第二報】令和5年度第2回兵庫県スクールカウンセラー研修会・研究連絡会(年次別)開催のお知らせ

※兵庫県下で勤務されているスクールカウンセラー(神戸市SC、私学SC、市費SC、臨床心理士資格を持たない公認心理師SCを含む)に向けた全体研修会です。

※(公財)日本臨床心理士資格認定協会 資格更新ポイント(2ポイント)を申請する予定です。

※この度オンラインではなく、対面にて行う予定です。

兵庫県内でスクールカウンセラーとして勤務しておられる会員の皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。平素は、当会運営にご尽力賜り、誠にありがとうございます。

兵庫県下で勤務されているSC(神戸市SC、私学SC、市費SC、臨床心理士資格を持たない公認心理師SCを含む)に向けた全体研修会を、兵庫県教育委員会との共催も含めて年3回行っております。第1回研修はすでに4月23日にオンライン開催にて行うことができました。

今回第2回研修会は、4年ぶりに対面で開催いたします。臨床心理士資格更新ポイント取得の出来る1日研修として行います。

皆様、万障お繰り合わせの上、ご参加ください。

令和5(2023)年度 第2回兵庫県スクールカウンセラー研修会・研究連絡会

日  時:令和5年(2023年)8月27日(日)

     9:30~  受付

10:00~  開会挨拶

      10:10~  全体講演及び対談

(12:30~14:00 休憩)

14:00~  年次別研修

      16:30    終了予定

場  所:神戸市教育会館(神戸市営地下鉄「県庁前」駅から徒歩5分)

<全体講演>

「生徒指導提要の改訂とスクールカウンセリングのこれから」

講師:阿部昇(兵庫県但馬教育事務所SCSV・京都市SCSV・京都府SC)

 昨年12月、生徒指導提要が改訂されたことで、生徒指導の基本的な考え方や進め方が大きく変わろうとしています。このことは、チーム学校の一員であるスクールカウンセラーにとっても、求められる役割や活動のありかたについて再検討の契機に差し掛かったことになります。学校生活が変化する中で、「全ての児童生徒を視野に入れた日常的予防的な活動」「チーム学校での専門多職種協働による活動」「児童生徒が主体となるキャリア支援的な活動」など、これからのスクールカウンセリング像を概観し、SCは何を身に付け何を実践して行くことになるのかを見通して参りたいと思います。

<年次別研修>

① 初任者コース(SC 勤務 1 年目)

「SCに求められる、傾聴、助言、対話(ダイアローグ)」

担当:阿部昇・内田多恵 

兵庫県SCの仲間になられたこと、心から歓迎致します。学校の具体的場面での「さて、どうするSC」、基本から応用まで、演習問題を一緒に解いて参りたいと存じます。2学期以降に向けてエンパワメントの場に致しましょう。

② 初級コース(2年目~6年目)

「失敗から学ぶスクールカウンセリング」

担当:中野仁(丹波地域世話人)・高橋哲

失敗は誰にでも起こりうるものです。そして、私たちはこれから先も失敗しながら成長を続けていきます。この研修会では、発表者の失敗事例を通してディスカッションを行い、また参加者同士が失敗や困難を共有し、それを乗り越えるためのヒントを得る場にしたいと考えています。

③ 中級コース(7年目~12年目) 

「教育プログラム対策~計画から実践まで」

担当:福島美由紀・金城富季子・冨永良喜

第1回研修アンケートで関心の高かった「教育プログラム」、今一度その目的と意義を確認したいと思います。「名人のように上手くやらなくていい」、ただ多くの子ども達に健やかに育ってもらいましょう。今回は皆さまの苦労や悩みを共有し、それぞれの教育プログラム問題解決のヒントにつながればと考えています。

④ 上級コース(13年目以上)

「ベテランSCのさらなる一歩を目指して」

担当:春原千夏・高城裕佳子・大房恵

 4月の全体研修で、「カウンセリングの前と後そしてその周辺」として話をさせていただきました。この研修の中で初任のSCとベテランのSCでは気づくものは大きく違っていたのではないかと思います。ベテランとしての経験を振り返り、また新たな一歩となるよう、ディスカッションを交えさらに踏み込んで参りましょう。

<臨床心理士資格更新ポイント申請について>

※(公財)日本臨床心理士資格認定協会 資格更新ポイントを申請する予定です。研修開始前に「守秘義務に関する誓約書」に署名、終了後のアンケートに回答することで、研修会に参加したとみなします。

<主催・参加費・参加資格・申込方法・申込締切について>

主   催: 兵庫県臨床心理士会SC専門委員会

参 加 費: 兵庫県臨床心理士会会員 2,000円

※お申し込み後、会員資格があるかどうかを確認いたします。

兵庫県臨床心理士会非会員 3,000円

参加資格: 今年度兵庫県内でスクールカウンセラー及びキャンパスカウンセラーとして勤務している方 

定   員: 200名(先着順。定員に達し次第、締め切ります。)

 ※研修会終了後、懇親会を予定しております。

申込方法: 兵庫県臨床心理士会会員の方は会員マイページのシクミネットから、それ以外の方はイベントペイから、お申込みください。

会員向けシクミネットURL https://hyorinsin.shikuminet.jp/events/36/

     

非会員向けイベントペイ

                   

申込締切:令和5年(2023年) 8月13日(日)

問い合わせ先:兵庫県臨床心理士会SC専門委員会事務局 sc.hyogo.secretariat@gmail.com

※兵庫県臨床心理士会事務局ではなく、SC専門委員会事務局にお問い合わせ頂きますようお願い致します。

2023年度第2回SC年次別研修案内文 決定稿
.pdf
Download PDF • 297KB

最新記事

すべて表示

司法心理療法カンファレンス

研修主催団体: 非行・犯罪の問題に取り組む臨床家ネットワーク(NCWDC) 研修内容: 『司法心理療法カンファレンス』を開催します。 【概要】 英国を中心に立ち上がった犯罪への精神分析的アプローチである司法心理療法についての講演と事例検討会を行ないます。 この領域の第一人者の一人であるRonald Doctor氏を招いて、日本で初めての本格的なカンファレンスです。 【主催】 非行・犯罪の問題に取り

オンライン精神分析研究会-トラウマ再考-

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。11年目となる2023年度は精神分析とトラウマを取り上げることにしました。フロイトは元々はトラウマ論から出発し、ヒステリーの治療を行ってきました。ヒステリーの原因は性的トラウマがある、という考えでした。しかし、その後、フロイトはトラウマは空想の産物であると転換し、内的空想

【オンラインセミナー】スクールカウンセリングのこれから、スクールカウンセラーのこれから ~『生徒指導提要』の改訂が示す子どもの支援

研修主催団体: 株式会社創元社 研修内容: 【オンラインセミナー】スクールカウンセリングのこれから、スクールカウンセラーのこれから ~『生徒指導提要』の改訂が示す子どもの支援 【概要】 不登校やいじめ、また発達障害による困難など、学校生活で苦戦する子どもが増えている。新しく改訂された『生徒指導提要』では、一人ひとりの子どもの個性を発見し、よさや可能性を伸ばす「生徒支援」を目指している。まさにスクー

bottom of page