• 兵庫県臨床心理士会

公認心理師交流サロン(第4回・兵公心Café)

公認心理師交流サロン(第4回・兵公心Café)

テーマ『現場の公認心理師に聞いてみたいこと、公認心理師をめざす学生に伝えておきたいこと』


 今回は、養成課程中の大学生・大学院生さんを招き、現場の公認心理師の方々との交流を企画しています。大学では教えてもらいにくい現場の実際、公認心理師という職業実態、公認心理師になるうえで欠かせないことや注意点…等々、和気あいあいと話し合いましょう。

 当日は、匿名で質問・回答できるような工夫をさせてもらいます。希望者には、参加者どうしで連絡先交換できるような場も設けようと思います。学生の皆さんも学生さんをリクルートしたい公認心理師も、ネットワークづくりや就職のきっかけ?づくりの機会にしてもらえればと思います。お気軽にご参加ください♪ 


[日時] 2022年5月20日(金)19:30~21:00

[場所] オンライン(Zoom)

[参加対象] 公認心理師、受験予定の現任者、養成課程中の大学生・大学院生

[参加費] 500円

[申込方法] 5/15(日)までに、以下のURLか2次元コードから申込ページへアクセスし、必要事項をご記入のうえ、参加費をお支払いください。

   https://cafe4.peatix.com

  ※参加費お支払い後にキャンセルされた場合は、原則返金できません。申込10名未満の場合、5/16(月)頃に中止連絡と返金処理をさせていただきます。

[主催] 一般社団法人 兵庫県公認心理師会

 ホームページ https://www.hyogo-cpp.com/

 Eメールアドレス office@hyogo-cpp.com

(2022.05.20)公認心理師交流サロンのご案内
.pdf
Download PDF • 218KB

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒