• 兵庫県臨床心理士会

◆公認心理師現任者講習会(JTA)復刻版動画(視聴者募集)

公認心理師現任者講習会(法定研修)につきまして、日本遠隔カウンセリング協会(JTA)の実施分はすべて終了しましたが、第5回公認心理師試験(2022年7月実施予定)は、現任者(区分G)にとって最後の受験機会となる見込みです。JTAでは「みんなで公認心理師になろう!」を合い言葉に、心理専門職の皆様の国家資格取得を支援しております。このたび、令和2年度オンライン公認心理師現任者講習会の講義動画(復刻版)をオンデマンド配信することにいたしました。ご関心のある方は、ぜひこの機会にご視聴を検討ください。お知り合いにもご周知いただければ幸いです。


◆公認心理師現任者講習会(JTA)復刻版動画(視聴者募集)

https://kouninshinrishi.jtaonline.or.jp/

<講義内容> 令和2年度オンライン公認心理師現任者講習会の一部(編集・短縮版の19コマ)を復刻版動画としてオンデマンド配信いたします。視聴期間は一契約につき約二ヶ月間です。受講開始日の前日に、復刻版動画の視聴ページをメールにてご案内いたします。オンデマンド配信のため、視聴期間中はいつでも何度でも講義動画を視聴いただくことができます。

<視聴料金> 29,700円(税抜価格 27,000円)

※コンビニ決済、ペイジー(銀行振込)の場合は開催日7日前までの受付です。

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒