• 兵庫県臨床心理士会

兵庫県臨床心理士会 第57回研修会(第一報)

兵庫県臨床心理士会 第57回研修会(第一報)

※お申込み方法は第二報でのお知らせとなります。しばらくお待ちください。


次回の兵庫県臨床心理士会 第57回研修会を下記の通り開催いたします。

今回のご案内は第一報としてお知らせします。

企画の全体が決定しましたら、第二報としてご案内させていただきます。

第二報のご案内時に参加申し込みについてもお知らせいたします。


日程:令和4年 1月 23日(日) 

形式:オンライン

内容:「トラウマ この複雑なるもの~その理解と実践~」  

9:30~     入室時間(受付→待合室に入室できます)

10:00~10:10 会長挨拶、オンライン説明、研修会趣旨案内

10:10~12:40 午前の部 「トラウマの理解」(仮)

         田中 究 先生(兵庫県立ひょうごこころの医療センター 院長)

12:40~13:30 昼休憩

13:30~16:00 午後の部「トラウマインフォームドケア システムアプローチ

~負のカラクリを紐解き、正の連鎖に~:支援者が巻き込まれすぎないセルフケア」

         海野 千畝子 先生(兵庫教育大学人間発達専攻臨床心理学コース 教授)


兵庫県臨床心理士会研修委員会

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒