top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

兵庫県臨床心理士会 第59回研修会のご案内

更新日:2023年1月3日

兵庫県臨床心理士会 第59回研修会のご案内    研修委員会

第59回の兵庫県臨床心理士会研修会も、zoomを用いたオンライン研修を行います。日頃会場に足をお運びいただけない地方にお住いの会員の皆さまも、この機会に奮ってご参加ください。研修会開始前に、情報の取り扱い等の守秘義務に関する誓約書にweb上でご回答をいただきます。ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

○研修テーマ:「中井久夫先生が切り拓いてきたことを今につなぐ」

 今回の研修会では、中井久夫先生についての研修を企画いたしました。中井久夫先生は、1970年代から精神科医としてご活躍なさり、当時治療が困難とされていた統合失調症(旧 分裂病)の臨床に携わられ、「寛解過程論」として統合失調症の治療について革新的な臨床のあり方、姿勢を打ち立てられました。その臨床は統合失調症にとどまらず心の病を抱えた方々の理解、関わり方について、基本的な人としての尊厳の尊重の重要性を唱え続けられました。阪神淡路大震災の後は「心的外傷と回復」(ジュディス・L・ハーマン)の翻訳をはじめとして日本のトラウマ臨床にも多大な影響を与えられました。しかし、残念ながら2022年8月8日、惜しまれながらご逝去なさいました。

当日のプログラムは、午前の部では、「中井久夫先生が切り拓いてきたことを今につなぐ」というテーマで兵庫県立ひょうごこころの医療センター院長田中究先生と当会会長の羽下大信による対談を、午後の部では、中井久夫先生に縁のある臨床家の3名の先生にご登壇いただき、シンポジウムを予定しています。この機に改めて、中井久夫先生が切り拓いてこられた臨床について学び、今の我々が受け継ぐべきことについて考えたいと思います。

○日時 :令和5年 1月 29日(日)

本研修はzoom というアプリを使ったweb上で行います。

9:30~10:00 受付(入室開始、待合室での待機)  

10:00~10:10 会長挨拶、趣旨説明

10:10~12:40 午前の部 対談「中井久夫先生が切り拓いてきたことを今につなぐ」

田中 究 先生(兵庫県立ひょうごこころの医療センター 院長)

             羽下 大信 先生(住吉心理オフィス)

12:40~13:30 昼休憩

13:30~16:00 午後の部 シンポジウム

       シンポジスト 今本 智子 先生(甲南大学カウンセリングルーム)

近澤 範子 先生(元兵庫県立大学名誉教授)

本多 雅子 先生(神戸臨床心理の会)       五十音順

           司会 羽下 大信 先生(住吉心理オフィス)

~シンポジストの先生のご紹介~

今本先生は、サリヴァンが創設者の一人であるホワイト研究所の児童青年心理療法プログラムを修了。小・中・高での学校臨床および精神科クリニックで臨床実践をしておられます。中井先生が多大な影響を受けたアメリカの精神科医サリヴァンと現在の精神科臨床について、中井先生に直接教えを受けた精神科医の先生方から学ばれたことについてもお話いただきます。

 近澤範子先生は、兵庫県立看護大学の開設に携わり開学当初より精神看護学分野を担われ、中井久夫先生による精神医学の講義を受けた学生に精神看護学の講義をされました。また、阪神淡路大震災を機に南裕子先生(初代学長)によって創設された災害看護学の大学院教育も長年担当されました。甲南大学大学院博士後期課程に在籍中は中井先生にご指導を受けられました。

本多雅子先生は、神戸大学附属病院精神神経科において34年間臨床心理士として勤務されました。コメディカル職への理解の厚かった中井先生が教授として赴任されたことをきっかけに、神戸臨床心理の会を立ち上げ、中井先生には会の顧問をお願いして長く運営に携わってこられました。病院における外来や病棟での臨床、神戸臨床心理の会でのお話等を通して、中井先生を語っていただこうと思っています。

○申し込み要領

・兵庫県臨床心理士会会員 2,000円 (Web研修にて通常価格より千円割引しました) ※会員マイページからのお申し込みの場合は、研修受講の履歴が残り、後から確認することが可能です。ぜひご利用ください。

・他府県臨床心理士会会員・日本心理臨床学会会員 5,000円  臨床心理士養成大学院在籍大学院生 2,000円

参加申し込み手続きに合わせて決裁をお願いします・ 申込締切 令和5年1月22日(日) 締め切り厳守でお願いいたします。

※なお、一旦支払われた参加費はいかなる理由があっても返金致しません。

☆研修会前日夜までに、ミーティングID等を記載したメールをお送りいたします。

☆メールが届かないようでしたら、研修委員会(hyogokenrinshikaikenshu@gmail.com)にお問い合わせ下さい。

○研修ポイント

 全日程参加者には研修ポイントが付与されます。研修開始前に「守秘義務に関する誓約書」に署名、終了後のアンケートに回答することで、研修会に参加したとみなします。なお、今回はWeb研修のため、研修参加証明書は発行しませんが、資格更新手続きの際、前述の方法で参加確認が取れた方については、証明書の送付は必要ありません。

①zoomアプリをお持ちでない方は、事前にお手持ちのパソコン、スマートフォンにアプリのダウンロードをお願いします。このアプリはzoom のホームページから無料でダウンロードできます。みなさまの利用できるデバイス(PC、スマホ)にzoomアプリ(最新バージョン)をインストールしてお待ちください。

②当日は、安定した通信環境が確保された場所でのご利用をお願いいたします。zoomの利用方法や通信状態の不具合の問い合わせについては、当会事務局は対応できません。zoomの利用方法の確認などは、あらかじめご準備ください。また、通信の利用状況などは、インターネット契約通信会社などにお問い合わせ下さい。

③参加申し込み手続き後、研修会参加に必要なID及びパスワードをお知らせいたします。Gmail等ではメールが届かない等のトラブルが起きることがあるようです。セキュリティの設定等を各自事務局からメールが届く設定にしておいてください。

④参加申し込みを頂いていない方の視聴は固くお断りいたします。

⑤上記URLを申込者以外に提示することは絶対にお止めください。

⑥zoom画面をSNSやブログ、動画配信サイトなどに掲載するなど、外部に発信することを固く禁じます。

★研修についてのご希望ご意見を研修委員までお寄せください(伊藤俊樹、中村有生、石河倫美、三木伸子、春原千夏)。


兵庫県臨床心理士会


最新記事

すべて表示

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践 【内容】 セルフ・コンパッションをご存知ですか? 「自分自身に思いやりを向けること」を意味し、CFT(コンパッション・フォーカスト・セラピー)で用いられている手法です。うつ病、不安症、PTSD、双極性障害など幅広く効果が実証されています。 本セミナーではCFTの創始者であるポール・ギルバート博士か

Comments


bottom of page