top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

初学者が知っておきたい子ども臨床における知識とアセスメント

【研修概要】  

近年、家庭や教育現場などでは様々な傷つきを抱えた子どもが多く、集団での不適応や学習面での困難さを抱えています。そこで、本研修会では、家庭や学校、対人関係において様々な問題行動を抱える子どもへの対応を考えるうえで、初学者が知っておきたい必要な知識について概説し、架空事例を通して具体的なアセスメントや支援方法について一緒に考えていきます。  

今回は2部構成で開催いたします。第1部では、子どもの愛着とトラウマ症状について、第2部では解離症状と神経系について主に概説します。  



【日程】  第1部 2023年4月8日(土)20:00~22:30  

     第2部 2023年4月22日(土)20:00~22:30   


【講師】  重野 桂(臨床心理士・公認心理師:びわこカウセリングオフィス)  

2022年3月まで児童精神科の心理士として、発達障害児支援や子どものトラウマケア、親のトラウマケア、乳幼児の早期療育などを専門に勤務。2022年4月に滋賀県にてオフィスを開業。子どもの発達支援、トラウマケア、心理職支援の3つをテーマにしている。


【会場】  オンラインシステムZoom


【定員】  各30名程度


【対象】  臨床心理士、公認心理師(資格取得見込み含)、 その他対人援助職の方で臨床経験が10年未満の方、  心理学専攻の大学生、臨床心理士指定大学院の方  


【参加費】  第1部のみ 4000円 第2部のみ 4000円  第1部と第2部両方 6000円 


【申込期間】  2月13日(月)~4月6日(木)


【申込フォーム】


【問い合わせ先】 びわこカウンセリングオフィス(fika.kokoro@gmail.com)

最新記事

すべて表示

ロールプレイで学ぶ、子供支援のコンサルテーション~必要な情報の聴き取りと、介入プランシートを活用した支援方法~

【セミナータイトル】 ロールプレイで学ぶ、子供支援のコンサルテーション~必要な情報の聴き取りと、介入プランシートを活用した支援方法~ 【概要】 本セミナーでは子供支援における保護者や教師へのコンサルテーションについて、大切な姿勢や聴き取りの流れをロールプレイでご覧頂く事で学んで頂けます。また、コンサルテーションで聞き取った情報を介入プランシートを活用した支援方法の方策の立て方を一緒に練習して頂ける

「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」

神戸学院大学心理臨床カウンセリングセンター主催フォーラムのご案内 テーマ「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」 テーマを「中長期的被災地支援について考える」とし、シンポジストに髙橋紀子先生 (臨床心理士・公認心理師)を迎えます。 髙橋先生は大学勤務を経て、臨床心理士として福島県で被災地支援活動を開始。 南相馬ひきこもり支援センター、非営利団体「桃の駅」を立ち

WISC-Ⅴオンライン研修会~ⅣからⅤの変更ポイントをおさえ、よりよい支援につなげよう~

研修主催団体: NPOフトゥーロ 研修内容: ●S.E.N.S更新2ポイント(Ⅵ 領域)対象研修 ●臨床心理士ポイント申請予定 臨床心理士のポイントについては臨床心理士教育・研修委員会規程別項 第2条(4)、およびオンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)に則って申請予定です。 *ただし、2024年6月現在、本オンライン研修が臨床心理士ポイント付与の要件を満たすかは明確ではないことをご了解いた

Opmerkingen


bottom of page