top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

初学者のための児童生徒の問題行動に対するアセスメントと介入

[研修概要]

 学童期・思春期の子どもたちは、学校や家庭において様々な問題行動を表出します。時として、支援者はその問題をどのようにアセスメントし、対応したらいいかわからなくなる時もあります。

 そこで今回は、子どもたちの様々な問題行動や表れについて事例を通して具体的なアセスメントや対応方法について一緒に考えていきます。発達特性や愛着的な観点、そしてこれまでの生育歴を参考にしながらアセスメントし、学校現場や医療現場における対応方法を一緒に考えてみませんか?

[日程]

2023年9月9日(土)20:00~22:30

[講師]

重野 桂(びわこカウセリングオフィス)

これまで児童精神科の心理士として、発達障害児支援や子どものトラウマケア、親のトラウマケア、乳幼児の早期療育などを専門に勤務。2022年4月に滋賀県にてオフィスを開業。子どもの発達支援、トラウマケア、心理職支援、地域連携の4つをテーマに活動している。その傍ら、小・中学校のスクールカウンセラーにも従事している。

[会場]

オンラインシステムZoom

[対象]

臨床心理士、公認心理師、スクールカウンセラー、その他対人援助職の方で臨床経験が概ね10年未満、心理学専攻の大学生、臨床心理士指定大学院の方

[参加費]

5000円

[申込期間]

7月6日(木)~9月6日(水)

[申し込みフォーム]

[問い合わせ先]

びわこカウンセリングオフィス(fika.kokoro@gmail.com)

最新記事

すべて表示

オンライン精神分析研究会-トラウマ再考-

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。11年目となる2023年度は精神分析とトラウマを取り上げることにしました。フロイトは元々はトラウマ論から出発し、ヒステリーの治療を行ってきました。ヒステリーの原因は性的トラウマがある、という考えでした。しかし、その後、フロイトはトラウマは空想の産物であると転換し、内的空想

bottom of page