• 兵庫県臨床心理士会

医療現場における発達障害支援と合併症としての睡眠障害

日本学校心理学会 第63回研修会

医療現場における発達障害支援と合併症としての睡眠障害

講師:池田 裕一(イケダ ヒロカズ)先生

   昭和大学横浜市北部病院こどもセンター長

日時:令和3年11月3日(水・祝)13:30~16:00   

※入室は13:00から可能です。

講師から  発達障がいの子どもたちは、友人関係や学校生活などに困難感を抱えており、それにより強いストレスを感じていることも多く、早期に発見して適切な治療を行うことが重要です。治療には薬物療法と発達支援(療育)があり、医療現場では主に薬物治療が行われています。また、自閉症の約60%、注意欠如・多動症の約40%に睡眠障害が併存します。睡眠障害そのものが発達特性の一症状であり、さらに悪い睡眠習慣やメラトニン分泌時間遅延により、睡眠障害が顕在化する傾向があり、睡眠障害の治療も同時に行われる例も少なくありません。

参加費 参加費:会員…1,000円,非会員…3,000円 学生参加 可 会員…1,000円,非会員…2,000円

詳細情報・申し込み http://ptix.at/jeUYvK

最新記事

すべて表示

研修:一般社団法人 読み書き配慮

【河野俊寛先生による URAWSSⅡ講習(3月開催)】 ■参加費:25,000円(テキスト代・検査キット・送料等含む) ■日程2日間(3月12日(土)10:00~16:00・3月13日(日) 10:00~16:00) ■お申込み:http://ptix.at/ilE8NI ■開催方法:オンライン開催(Zoomウェビナーによるライブ配信&後日アーカイブ配信) ■イベント詳細 読み書き困難の発生率は8

少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ

少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ 本ワークショップは、書籍などで認知行動療法(以下、CBT)を学んだが、実戦経験が乏しい支援者が実際にCBTの体験を通して実践力を養うWSです。CBTを上手くなるためには、まず自身で体験してみることが大切です!   少人数制のグループで、初回から終結までの流れを様々なワークを通じて身に着けていきます。CBT実施にあたりご不明な点等は、京都CBT

東京大学「職域・地域架橋型-価値に基づく支援者育成」第4回公開シンポジウム

■TICPOC 価値に基づく支援者育成第4回公開シンポジウム 「当事者中心の時代の専門性」 講演者:安田菜津紀/熊谷晋一郎/國分功一郎/東畑開人/富樫公一(敬称略) ■東京大学 医学のダイバーシティ教育研究センター キックオフシンポジウム 「医療と医学における構成員の当事者性と専門性」 講演者:綾屋紗月/白澤麻弓/宮本有紀/熊谷晋一郎/星加良司/柳下祥(敬称略) 詳細はこちらをご覧ください。 ht