• 兵庫県臨床心理士会

友だち作りのソーシャルスキルトレーニングプログラムPEERS 参加者募集のご案内

一般社団法人パーマネント・クリエイティブ・マインドの香川と申します。

弊社では、公認心理師や臨床心理士・臨床発達心理士が、主に自閉スペクトラム症のあるお子さんやその保護者を対象に、科学的根拠に基づく支援を届けるために、様々なプログラムを実施しております。

PEERS®は、米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で開発された、思春期の自閉スペクトラム症(ASD)や社会性に課題のある子ども達向けに作成されたプログラムです。欧米だけでなく、日本でも関東や大阪で盛んに実施されており、効果を上げています。全14回のプログラムで、子どもグループ・親グループそれぞれ認定講師が担当いたします。 こちらのプログラムを姫路市にて開催するにあたり、参加していただける方を募集しております。思春期になると、ASDのあるお子さんは、友だちが欲しくても、対人的なコミュニケーションの難しさや社会性の乏しさから友だちを作ることや関係を維持することが課題になるケースが多く、支援や対応に苦慮されていることを同職種からよく耳にします。

つきましては、プログラムの紹介や開催概要を記した広報文書をご覧の上、該当する方がいらっしゃいましたら、ご周知いただけますと幸いです。 PEERS®の詳細につきましては、PEERS®の認定講師の養成をされている一般社団法人SSTARのホームページ(https://sstar.or.jp/)をご覧ください。

お忙しいところ恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ご不明な点などございましたら、下記までお気軽にお問い合わせください。

PEERS A4 Flyer (4)
.pdf
Download PDF • 4.34MB

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒