• 兵庫県臨床心理士会

大阪・京都こころの発達研究所 葉 研修会

1,自尊感情を支える・育む~自分との「つきあい方」の再考を促すアプローチ ~ クライアントが抱える問題は多岐に渡りますが,多くの方は共通して自尊感情が低いという問題,すなわち「自分をこのままでいいと思えない」状態を抱えて来訪します。そのため,セラピストはクライアントの主訴と向き合うことに加えて,自尊感情を高めるという視点も持つことができれば,より丁寧かつ前向きな心理支援が可能になります。 今回は認知行動療法やセルフ・コンパッション・セラピーなどいくつかのアプローチを紹介しながら,自尊感情を高めるための様々な関わりについてお話できればと思います。 日時:2021年1月17日(日) AM10:00~AM12:00 場所:ZOOM(リアルタイム&録画視聴1カ月) 参加要件:臨床心理士有資格者、公認心理師有資格者 定員:先着100名(録画視聴のみは無制限) 料金:2000円(録画視聴のみ1500円) 講師 竹田剛先生(神戸学院大学心理学部・(社医)なにわ生野病院心療内科)) 臨床心理士・公認心理師。2015年よりなにわ生野病院心療内科にて統合的・連携的治療に携わる。摂食障害,不登校を抱えるクライアントおよびその親への支援について造詣を深めている。主なアプローチはブリーフセラピー,認知行動療法。 詳細やお申し込みは下記URLへ。 https://kokoro-you.com/%e8%87%aa%e5%b0%8a%e6%84%9f%e6%83%85%e3%82%92%e6%94%af%e3%81%88%e3%82%8b%e3%83%bb%e8%82%b2%e3%82%80-%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%a8%e3%81%ae%e3%80%8c%e3%81%a4%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%84%e6%96%b9%e3%80%8d/ 2、オンライン研修 当研究所では、毎月1日にオンライン研修の動画をアップしています。 11月1日公開は学派によるアセスメントの違い~ブリーフセラピー、行動療法、支持的アプローチ、精神分析の視点から~ https://vimeo.com/ondemand/difference? 78分 1000円(1年間視聴可能) インテーク面接が終わり、技法を適応する際に、どのようなアセスメントを行うのか、ブリーフセラピー、行動療法、支持的アプローチ、精神分析をオリエンテーションとする4人の心理士(師)がディスカッションしました。 技法の適応をどのように判断するか、どういった情報を聞くか、それはなぜか、次のカウンセリング予約はどのようにするのかなどについて明らかにしています。 その他の公開動画は添付チラシの一覧をご覧ください。



最新記事

すべて表示

研修:一般社団法人 読み書き配慮

【河野俊寛先生による URAWSSⅡ講習(3月開催)】 ■参加費:25,000円(テキスト代・検査キット・送料等含む) ■日程2日間(3月12日(土)10:00~16:00・3月13日(日) 10:00~16:00) ■お申込み:http://ptix.at/ilE8NI ■開催方法:オンライン開催(Zoomウェビナーによるライブ配信&後日アーカイブ配信) ■イベント詳細 読み書き困難の発生率は8

少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ

少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ 本ワークショップは、書籍などで認知行動療法(以下、CBT)を学んだが、実戦経験が乏しい支援者が実際にCBTの体験を通して実践力を養うWSです。CBTを上手くなるためには、まず自身で体験してみることが大切です!   少人数制のグループで、初回から終結までの流れを様々なワークを通じて身に着けていきます。CBT実施にあたりご不明な点等は、京都CBT

東京大学「職域・地域架橋型-価値に基づく支援者育成」第4回公開シンポジウム

■TICPOC 価値に基づく支援者育成第4回公開シンポジウム 「当事者中心の時代の専門性」 講演者:安田菜津紀/熊谷晋一郎/國分功一郎/東畑開人/富樫公一(敬称略) ■東京大学 医学のダイバーシティ教育研究センター キックオフシンポジウム 「医療と医学における構成員の当事者性と専門性」 講演者:綾屋紗月/白澤麻弓/宮本有紀/熊谷晋一郎/星加良司/柳下祥(敬称略) 詳細はこちらをご覧ください。 ht