top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

子どものこころのケア研修会「不登校を考える ー医療・学校現場からの提言ー」

子どものこころのケア研修会

「不登校を考える ー医療・学校現場からの提言ー」

不登校は、何らかの心理的・情緒的・身体的あるいは社会的要因・背景により登校しない、あるいはできない状況を言います。文部科学省の 2021 年調査によると、不登校小学生・中学生の数は24万5千人、高校生は5万人と発表しています。コロナ感染社会を経過した今、さらに増加するのではないかと考えられます。 今回の研修会は、「不登校を考える」と題して、午前の部で、小児・思春期こころの外来を担当されている小児科医の山下達也先生から日頃の診療から不登校についての実情やお考えをご講演していただきます。午後の部は、それぞれの学校現場で子ども達に関わってきた経験豊富な先生方をパネリストとしてお呼びし、さまざまな現場での声をお聞かせいただき、フロアーの皆様の生の声とあわせて、共に解決の方向を探っていきたいと考えています。ぜひご参加くださり、ともに解決策を考えていきましょう。

1.日 時 2023 年 11 月 5 日(日) 10 時 20 分~16 時 30 分(受付開始 10 時から) 2.場 所 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)4F 大会議室3 大阪市中央区大手前 1 丁目 3 番 49 号(最寄り駅:大阪メトロ天満橋・京阪天満橋) 3.内 容 午前:基調講演 「医療の立場から不登校について~子どものこころの外来から見えてくるもの~」 山下達也 先生(岐阜市民病院小児科医師 副部長 小児・思春期こころの外来) 午後:パネルディスカッション 「不登校を考える~現場で起こっていること、これからどうすれば…~」 コメンテーター 山下達也 先生 (岐阜市民病院小児科医師 副部長) パネリスト 岡田正次 先生 (金蘭会中学校・高等学校校長) 奥野喜之 先生 (梅花女子大学教授) 米山幸治 先生 (元府立高等学校教諭) 羽田美知子 先生 (元私立中学校・高等学校養護教諭) 村田武司 先生 (小学校・中学校スクールカウンセラー) 4.参加費 8,000 円(消費税込み) 「こくちーずプロ」にて開催日までキャンセル可です。また代理出席は可です。 5.定 員 60 名 (定員になり次第締め切ります) 6.申込み https://kokc.jp/e/d1fdf60af948cb8b46def7005e41c98b/ 7.締め切り 11月 3 日(金)まで 8.臨床心理士更新ポイントを申請予定です 9.問い合わせ先 関西教育&心理研究会(カウンセリングサービス terraplus 内) E-メール:info@terraplus.jp 担当(羽田 河中 寺田)



不登校を考える研修会案内チラシ
.pdf
ダウンロード:PDF • 240KB

不登校を考える研修会ポスター
.pdf
ダウンロード:PDF • 471KB

最新記事

すべて表示

「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」

神戸学院大学心理臨床カウンセリングセンター主催フォーラムのご案内 テーマ「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」 テーマを「中長期的被災地支援について考える」とし、シンポジストに髙橋紀子先生 (臨床心理士・公認心理師)を迎えます。 髙橋先生は大学勤務を経て、臨床心理士として福島県で被災地支援活動を開始。 南相馬ひきこもり支援センター、非営利団体「桃の駅」を立ち

WISC-Ⅴオンライン研修会~ⅣからⅤの変更ポイントをおさえ、よりよい支援につなげよう~

研修主催団体: NPOフトゥーロ 研修内容: ●S.E.N.S更新2ポイント(Ⅵ 領域)対象研修 ●臨床心理士ポイント申請予定 臨床心理士のポイントについては臨床心理士教育・研修委員会規程別項 第2条(4)、およびオンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)に則って申請予定です。 *ただし、2024年6月現在、本オンライン研修が臨床心理士ポイント付与の要件を満たすかは明確ではないことをご了解いた

2024年度第1回日本ユング心理学会オンライン事例検討セミナー

研修主催団体: 日本ユング心理学会 研修内容: 【2024年度第1回日本ユング心理学会(JAJP) オンライン事例検討セミナー】 日時:2024年8月18日(日)12:00~17:00 会場:オンライン(Zoom) 講師:河合 俊雄(京都こころ研究所)、田中 康裕(京都大学教育学研究科) テーマ:「心理療法場面における夢の扱い方」 事例発表:2名「夢分析」というはっきりした形でなくても、面接経過の

Commentaires


bottom of page