• 兵庫県臨床心理士会

子どものための発達検査とは何かを考えよう

【主催】 誠信書房


【研修会名】 子どものための発達検査とは何かを考えよう


【開催日時】 2022年9月4日(日)10:00~11:30


【会場】 オンライン


【詳細と申し込みページURL】 https://peatix.com/event/3274859


【概要】このたび、『子どもの発達検査の取り方・活かし方』(誠信書房)の著者である樋口隆弘先生によるセミナーをオンラインで開催いたします。 樋口先生は子どもの発達検査を長年ご経験されています。ご経験をもとに、検査マニュアルには書かれないものの、日々の検査では大切なことをまとめた前掲書は、臨床家の方々に高い評価をいただいております。 今回のセミナーでは書籍の内容をさらに発展させながら、「子どもや保護者、子どもと関わる人のためになる発達検査を実施するために、どのようなことを意識すればよいのか」について、お話をしていただきます。子どもや保護者を置き去りにしない対応の考え方から、先生ご自身の失敗事例まで含む、本セミナーでしか得られない実践的な内容です。 ご発表後に、樋口先生への質疑応答の時間を設けます。また、申し込み時に参加者の皆様から、先生へのご質問を受け付けますので、ぜひご活用ください。

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒