• 兵庫県臨床心理士会

子どものネット依存、ゲーム依存の現状と対応

子どものネット依存、ゲーム依存の現状と対応


講師:樋口 進(ヒグチ ススム)先生

   独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター 名誉院長


日時:令和4年11月3日(木・祝)13:30~16:00

※入室は13:00から可能です。


講演内容 子どものネット、ゲーム、スマホの過剰使用とそれに伴う問題が深刻化している。ネット・ゲーム依存は、学業成績低下、不登校、引きこもり、親子の諍いのような生活上の問題に加えて、体力低下、低栄養、仮性近視、睡眠障害などの健康問題も引き起こす。また、このような子どもたちは、心の問題や家族問題を抱えたケースも多く、依存のみならず彼らの生活全般を向上させていく支援が必要である。当日は、依存関連問題の実態とその予防や対応方法について紹介する。


参加費会員…1,000円,非会員…3,000円学生参加 可 


会員…1,000円,非会員…2,000円

※この研修は学校心理士資格更新の際のポイント(B1種)として申請中です。


主催:日本学校心理学会詳細情報・お申し込み https://peatix.com/event/3238440/

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒