top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

子どもの発達を促す身体アプローチ‐感覚統合をはじめとした理論・アセスメント・運動実践‐

研修主催団体: こどもラボホロホロ

研修内容: 【研修概要】

発達障害の子やグレーゾーンの子どもたちによく見られる「落ち着きがない」「姿勢が崩れる」「書字やルール理解の困難」「疲れやすい」など日常の困りごとについては、様々なアプローチの方法が提唱されています。

身体アプローチとして、まっ先に出てくるのが『感覚統合』という言葉になるかと思いますが、感覚統合について、「大事なのはわかってきたんだけど…でも、実際にどうやったらいいのか」という疑問や、実際にやってるけど「これでいいの?」という疑問もあります。

心理の分野では、身体へのアプローチという方法自体がまだあまり浸透していない側面もあるかもしれません。

本研修では、子どもたちがどうしてその動きをしているのか、どうしてそれがうまくできないのかについて、感覚統合理論をメインにお伝えさせていただき、子ども理解を深めるとともに、学校、放課後等デイサービスやご家庭でもできそうな感覚統合運動についてご紹介していきたいと思います。

感覚が統合されると...、何気ない動きが何気なく、自然に、エネルギーを余計に費やすことなく動けるようになります。そうなれば、他のことにエネルギーをもっと使えるようになってきます。その子の可能性がもっと広がることになるでしょう。

子どもの成長、発達にかかわる方は、アセスメントやその対応に、感覚統合運動の知識とバリエーションを多く持っていると、いろんなこどもに関わる際に、有効な武器となると思います。ぜひ、この研修を通じて、感覚統合運動実践の意味と方法を学んでいただければ何よりです。

「どうしてそれができないの?/そんなことするの?」(こども理解)、「どうしたらいいの?」(身体アプローチ実践/感覚統合運動)を網羅して、明日からすぐにできることを体験を通して理解を深めていきましょう。

【日時】

2023年11月3日(金・祝) 13:30~16:30

【会場】

神戸市産業振興センター 会議室904

兵庫県神戸市中央区東川崎町1-8-4 神戸ハーバーランド内

【参加費】

8000円

【お申込み先】

(こくちーずプロよりお申込みください)

☆翌日(11/4)は、有資格者対象でWISC-Ⅴに関する研修を開催いたします。

午前:WISC-Ⅴことはじめ-ここからはじめるWISC-Ⅴ理解-(座学)

WISC-Ⅴについて、基本的なことから丁寧に説明していきます。詳しくは以下のURLをご参照ください。

午後:WISC-Ⅴ実践・見学会

実際に検査器具を用いながら、どんな検査なのか、手続き等について、また検査の際の行動観察についても体験を通じて学ぶ機会となります。詳しくは以下のURLをご参照ください。

☆1日通しての参加も大歓迎です。ぜひご検討ください。

【主催】

こどもラボホロホロ https://kodomolabohorohoro.jimdofree.com/

【お問い合わせ】

鈴木伸行 hirogeyoukanousei@gmail.com


最新記事

すべて表示

「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」

神戸学院大学心理臨床カウンセリングセンター主催フォーラムのご案内 テーマ「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」 テーマを「中長期的被災地支援について考える」とし、シンポジストに髙橋紀子先生 (臨床心理士・公認心理師)を迎えます。 髙橋先生は大学勤務を経て、臨床心理士として福島県で被災地支援活動を開始。 南相馬ひきこもり支援センター、非営利団体「桃の駅」を立ち

WISC-Ⅴオンライン研修会~ⅣからⅤの変更ポイントをおさえ、よりよい支援につなげよう~

研修主催団体: NPOフトゥーロ 研修内容: ●S.E.N.S更新2ポイント(Ⅵ 領域)対象研修 ●臨床心理士ポイント申請予定 臨床心理士のポイントについては臨床心理士教育・研修委員会規程別項 第2条(4)、およびオンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)に則って申請予定です。 *ただし、2024年6月現在、本オンライン研修が臨床心理士ポイント付与の要件を満たすかは明確ではないことをご了解いた

2024年度第1回日本ユング心理学会オンライン事例検討セミナー

研修主催団体: 日本ユング心理学会 研修内容: 【2024年度第1回日本ユング心理学会(JAJP) オンライン事例検討セミナー】 日時:2024年8月18日(日)12:00~17:00 会場:オンライン(Zoom) 講師:河合 俊雄(京都こころ研究所)、田中 康裕(京都大学教育学研究科) テーマ:「心理療法場面における夢の扱い方」 事例発表:2名「夢分析」というはっきりした形でなくても、面接経過の

Comentarios


bottom of page