• 兵庫県臨床心理士会

子どもの精神分析的心理療法セミナー2021

『保育現場に活かす乳幼児観察:コンサルテーションと多職種協働』

子どもの精神分析的心理療法では、子どもという個人の体験を理解するとともに、両親やその子どもと関わる大人と理解を協働的に考えることが求められます。その訓練の1つとして、ご家庭で赤ちゃんと家族の交流を訪問観察する、乳幼児観察が挙げられます。そこでは、専門用語ではなく、日常用語で観察を記述するとともに、グループでの対話を通して子どもの理解を深めます。

観察と対話に基づく理解は、私たちの実践を支えるものです。心理療法だけでなく、多くの現場で私たちは子どもと関わり、観察し、教師や保育士などの専門家との対話を通して理解を深めます。今回のセミナーではこうした観察と対話の実践を、保育現場の臨床を元に考えます。奮ってご参加ください。

◆ 日 時 :2021年8月22日(日)13:00~18:00

◆ 開催形態:zoomを利用したオンラインでの開催(会場開催は行いません)

◆ 講 師 :上田順一先生(大倉山子ども心理相談室)

事例提供者:森 稚葉先生(社会福祉法人かほる学園)

司 会 :平井 正三先生(御池心理療法センター)

◆参 加 費:サポチル正会員…4,000円、それ以外の方…5,000円

◆ 申込期日:7月末日(振込期日:8月7日)

*200名先着順 定員となった時点で締め切りとさせていただきます

◆申込フォーム:下記URLからお願いいたします。

https://forms.gle/3Bw7i6FaLJtsxSD76

*セミナーの詳細は、下記リンクからPDFでご覧いただけます

https://drive.google.com/file/d/1WD2oxcSI956GNanhegHjNSgWBD20T6WJ/view?usp=sharing


最新記事

すべて表示

愛着の視点から子ども支援を学ぶ-迷わない支援を目指す研修会-

「支えている人を,じゃあ誰が支えたらいいんでしょうね」本研修会の打ち合わせで,樋口先生はこう語られました。 少子化社会での虐待数増加,保護者/支援者の心理的孤立化など,子ども支援現場の課題は尽きません。今回は概念が一人歩きしがちな愛着について,専門性のある正しい知識,そして,先駆者の知恵と工夫をテーマにし,これまで学ぶ機会の少なかった支援職の方々に広く届けることを目的としています。児童養護施設の現

強迫症および強迫スペクトラム障害への認知行動療法~アセスメントと課題の作り方

◆タイトル 強迫症および強迫スペクトラム障害への認知行動療法~アセスメントと課題の作り方~ ◆内容 重症な強迫症だけでなく、日常に潜む強迫的な行動の癖の治し方がテーマです。 強迫症の治療技法と思われている曝露反応妨害法、また抜毛やチックの治療はハビットリバーサルという固定観念をやぶって、その応用についてわかりやすく提示してもらいます。 応用を知ることで基本を学ぶのが楽しくなります。繰り返すうつ病や

2021年度 第2回キンダーカウンセラー研修会

2021年度 第2回キンダーカウンセラー研修会 今年度2回目の研修では、「私立幼稚園の“現場教諭のリアル”と“経営者のリアル”を知ろう!」をテーマに、幼稚園教諭、私立幼稚園経営者を講師にお迎えし、お話しいただきます。KCの先生方の多数のご参加をお待ちしております。 <日時>2021年10月24日(日)13:30~16:30 <対象>県内在勤のキンダーカウンセラー <申し込み方法>※9月24日から受