• 兵庫県臨床心理士会

子どもへのCBTは、今後どうなっていくのか?

お世話になっております。一般社団法人パーマネント・クリエイティブマインドの研修担当の香川と申します。現在、当法人では、シリーズオンラインセミナー『幼児期から思春期までの認知行動療法』を開催させていただいております。本研修では、子どもの心理的支援に関わる専門職としては知っておくべき知識・技法であり、自閉スペクトラム症の子どもたちへの心理療法としても注目されている認知行動療法について、複数回にわたってさまざまな先生をお迎えし、研修を行っていただいております。 最終回は2022年3月12日(土)に開催させていただき、『子どもへのCBTは、今後どうなっていくのか?』をテーマに、国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター長の久我弘典先生をお招きし、ご講演いただきます。

・政策や、その動向(子どもの政策は限られている)

・他職種との連携 ・公認心理師法と認知行動療法の関連

・地域の仕組みや、リソースの活用の仕方についての提言(教育と医療の現場をどうつなぐか)

・社会的実装までの課題

・個人の臨床家として、認知行動療法を実装すること

などの内容を、このオンライン研修では含む予定です。 見逃し配信もございます。 研修会についての詳細のご確認・お申し込みは下記のURLより、よろしくお願いいたします。 https://peatix.com/event/2933553

一般社団法人パーマネント・クリエイティブマインド

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒