• 兵庫県臨床心理士会

学際的ワークショップ 『精神分析の知のリンクにむけて』 第七回「21 世紀のエディプス―われわれはまだこの概念を必要とするのか?―」

研修主催団体: 小寺記念精神分析研究財団

学際的ワークショップ 『精神分析の知のリンクにむけて』 第七回「21 世紀のエディプス―われわれはまだこの概念を必要とするのか?―」


 現代の精神分析では、エディプスコンプレクスが意味する内容は、各学派で異なっており、同じ用語を使って議論することが難しくなっています。しかし、より深刻なのは、このコンプレクスが、現在もなお「人間の心の核」になっているかということです。21世紀の人間の心的基盤は、今もなおエディプス的でしょうか―これが今回のワークショップのテーマです。

 今回は、「心的インフラ」という斬新なアイデアを展開している飛谷渉氏、「女性論におけるエディプス」を現代的な視点で再考している西見奈子氏、「ラカンにおけるエディプスと性別化」を構想中の原和之氏をお招きして、21世紀のエディプスについて討議します。


参照URL:http://kodera.or.jp/pdf/2022/b03_interdisciplinary_wksp2022.pdf

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒