• 兵庫県臨床心理士会

家族療法入門書籍 出版記念講座「家族療法の醍醐味と家族療法を学んできた軌跡」

家族療法入門書籍 出版記念講座「家族療法の醍醐味と家族療法を学んできた軌跡」 このたび、2021年9月2日に、家族療法の入門書籍として「はじめての家族療法〜クライエントとその関係者を支援するすべての人へ〜、監修:坂本真佐哉(神戸松蔭女子学院大学)、著者:浅井伸彦(国際心理支援協会)、松本健輔(Humming bird)」を、北大路書房より刊行されます。


本書籍の出版記念講座として、以下のような催し物を行うこととなりましたのでお知らせいたします。

――――

家族療法入門書籍 出版記念講座「家族療法の醍醐味と家族療法を学んできた軌跡」 日時:2021年9月20日 (祝) 16時~19時 場所:オンライン(ZOOM) 参加費:3,080円(税込) *9月10日(金)までに当該書籍(3,080円(税込))を北大路書房HPより直接ご購入いただいた方は、参加費無料となります。

登壇者:坂本 真佐哉/八巻 秀/浅井 伸彦/松本 健輔 詳細につきましては以下のURLからご確認いただけます。

https://ipsa.or.jp/training/family-therapy/4463/

*北大路書房販売ページ

https://www.kitaohji.com/news/n42202.html ――――


皆様のご参加を心よりお待ちしております。

何卒よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人国際心理支援協会

最新記事

すべて表示

愛着の視点から子ども支援を学ぶ-迷わない支援を目指す研修会-

「支えている人を,じゃあ誰が支えたらいいんでしょうね」本研修会の打ち合わせで,樋口先生はこう語られました。 少子化社会での虐待数増加,保護者/支援者の心理的孤立化など,子ども支援現場の課題は尽きません。今回は概念が一人歩きしがちな愛着について,専門性のある正しい知識,そして,先駆者の知恵と工夫をテーマにし,これまで学ぶ機会の少なかった支援職の方々に広く届けることを目的としています。児童養護施設の現

強迫症および強迫スペクトラム障害への認知行動療法~アセスメントと課題の作り方

◆タイトル 強迫症および強迫スペクトラム障害への認知行動療法~アセスメントと課題の作り方~ ◆内容 重症な強迫症だけでなく、日常に潜む強迫的な行動の癖の治し方がテーマです。 強迫症の治療技法と思われている曝露反応妨害法、また抜毛やチックの治療はハビットリバーサルという固定観念をやぶって、その応用についてわかりやすく提示してもらいます。 応用を知ることで基本を学ぶのが楽しくなります。繰り返すうつ病や

2021年度 第2回キンダーカウンセラー研修会

2021年度 第2回キンダーカウンセラー研修会 今年度2回目の研修では、「私立幼稚園の“現場教諭のリアル”と“経営者のリアル”を知ろう!」をテーマに、幼稚園教諭、私立幼稚園経営者を講師にお迎えし、お話しいただきます。KCの先生方の多数のご参加をお待ちしております。 <日時>2021年10月24日(日)13:30~16:30 <対象>県内在勤のキンダーカウンセラー <申し込み方法>※9月24日から受