• 兵庫県臨床心理士会

家族療法入門書籍 出版記念講座「家族療法の醍醐味と家族療法を学んできた軌跡」

家族療法入門書籍 出版記念講座「家族療法の醍醐味と家族療法を学んできた軌跡」 このたび、2021年9月2日に、家族療法の入門書籍として「はじめての家族療法〜クライエントとその関係者を支援するすべての人へ〜、監修:坂本真佐哉(神戸松蔭女子学院大学)、著者:浅井伸彦(国際心理支援協会)、松本健輔(Humming bird)」を、北大路書房より刊行されます。


本書籍の出版記念講座として、以下のような催し物を行うこととなりましたのでお知らせいたします。

――――

家族療法入門書籍 出版記念講座「家族療法の醍醐味と家族療法を学んできた軌跡」 日時:2021年9月20日 (祝) 16時~19時 場所:オンライン(ZOOM) 参加費:3,080円(税込) *9月10日(金)までに当該書籍(3,080円(税込))を北大路書房HPより直接ご購入いただいた方は、参加費無料となります。

登壇者:坂本 真佐哉/八巻 秀/浅井 伸彦/松本 健輔 詳細につきましては以下のURLからご確認いただけます。

https://ipsa.or.jp/training/family-therapy/4463/

*北大路書房販売ページ

https://www.kitaohji.com/news/n42202.html ――――


皆様のご参加を心よりお待ちしております。

何卒よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人国際心理支援協会

最新記事

すべて表示

一般社団法人 兵庫県公認心理師会 主催 心理検査を現場でどう活かすか シリーズ3 『神経心理学の視点で拡がる知能検査の解釈と実践』 [内容] 第1部:講 演 「神経心理学を活かした知能検査の解釈と実践」 花園大学社会福祉学部 小海 宏之 先生 第2部:検査事例の講師解説 話題提供① 「精神科臨床における成人のWAIS実施事例」 明石こころのホスピタル 高寄 誠 先生 話題提供② 「発達に課題を有す