• 兵庫県臨床心理士会

少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ

少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ

 本ワークショップは、書籍などで認知行動療法(以下、CBT)を学んだが、実戦経験が乏しい支援者が実際にCBTの体験を通して実践力を養うWSです。CBTを上手くなるためには、まず自身で体験してみることが大切です!   少人数制のグループで、初回から終結までの流れを様々なワークを通じて身に着けていきます。CBT実施にあたりご不明な点等は、京都CBTセンタースタッフがサポートいたします。参加者は録画を通して何度も見返すことが可能です。

【内容】各回1時間30分程度 第1回:CBTの基礎理論、目標設定の方法 、ホームワーク 第2回:問題についてケースフォーミュレーション    (認知モデル、行動モデル)の作成 、 ホームワーク 第3回:記録の取り方 、介入方法の選択、ホームワーク 第4回:結果の振り返り、京都CBTセンタースタッフからのFB   【期間・定員】各クール10名程、隔週金曜20時スタート 第1クール(11月5日、19日、12月3日、17日) 第2クール(1月7日、21日、2月4日、18日)  第3クール(3月4日、18日、4月1日、15日)  ※希望のクールをお選びください。 【料金】 全4回1セット:20,000円(税込)   【申込み】 https://cbtcenter.jp/event/?itemid=2793

【連絡先】kyotocbt01@gmail.com

【その他】臨床心理士ポイント申請予定

【Web研修】【Web研修】 少人数制 実践型   認知行動療法トレーニングWS.pptx
.pdf
Download PDF • 267KB

最新記事

すべて表示

スクールカウンセラーの未来に向けて 「SCの未来を創る会」主催第1回全国研修会

【研修案内】 SCの相互支援と専門性向上を目指して発足した「SCの未来を創る会」では、実践力を高めるための研修会を下記の要領で開催致します。公立・私立の別や学校種別、資格背景に関係なく「スクールカウンセラー」として活動している方々やSC養成や後方支援を担っている方々と共に、SCに期待されている役割について考え、期待に応じるための知識やスキルの再確認やブラッシュアップができればと考えています。 オン

はじめて学ぶ複雑性トラウマの理解と支援

◆タイトル はじめて学ぶ複雑性トラウマの理解と支援 ◆内容 複雑性トラウマでは、トラウマの代表的な症状であるフラッシュバックの他に、感情調節困難、解離、身体化、対人関係の問題など多くの症状が生じます。これらの多彩な症状を理解し、支援を考える必要があります。 また、実際の臨床では、トラウマに焦点化した心理療法に導入が難しい場合もあります。そのため、トラウマ・インフォームド・ケアを中心とした本格的な治

シリーズ オンラインセミナー『幼児期から思春期までの認知行動療法』

研修主催団体: 一般社団法人パーマネントクリエイティブマインド 現在、当法人では、シリーズオンラインセミナー『幼児期から思春期までの認知行動療法』を開催させていただいております。つきましては、もしよろしければ第8回の研修会情報をホームページや、メーリングリスト等でご紹介いただけますでしょうか。拡散していただきたい内容は以下の通りとなります。お手数をおかけして大変恐縮ですが、何卒宜しくお願い致します