• 兵庫県臨床心理士会

心理検査を現場にどう活かすか シリーズ2

心理検査を現場にどう活かすか シリーズ2

『新版K式発達検査2001(基礎編)―発達検査の実施・解釈を通した子どもの発達理解』
公認心理師の大きな役割の一つである「支援対象の心理状態の観察・分析」のための重要なツールである「心理検査」に焦点を当てた研修を企画しております。
今回は新版K式発達検査2001をテーマとしました。新版K式発達検査は現場で使用頻度の高い発達検査の一つであり、今冬には新版K式発達検査2020の発表も控え、益々注目される検査です。どのように子どもの育ちを理解していくか、どのように子どもを支援していくかを考える上で、新版K式発達検査を通して、その理論や実施上の考え方、検査結果の解釈と子どもの発達理解について一緒に学びたいと思います。

【日時】2021年2月23日(祝・火) 13時30分-16時30分
【講師】大島 剛 先生(神戸親和女子大学 教授)
【内容】
・新版K式発達検査2001の概要(理論、実施法、解釈など)
・検査事例(ローデータ)を通した検査の解釈と子どもの発達理解
・検査実施や解釈に関する質疑応答
【オンライン研修】Zoom での開催といたします。
※スマートフォンからでもパソコンからでも、インターネット環境があればご参加いただけます(Wi-Fi 環境でのご利用をお勧めいたします)。
※お申込み後にミーティング ID・パスワードをお知らせします。
【参加資格】
主として数例の実施経験のある方などの初級者から,検査を通して解釈や子どもの発達理解をより深めたい方などの中級者けの内容となります。そのため、新版K式発達検査についての基礎的な知識がある方で、
①公認心理師有資格者
②心理系大学院修了者で公認心理師資格取得予定者
③心理系関連資格保有者(学校心理士、産業カウンセラー、特別支援教育士、臨床心理士、臨床発達心理士(※50 音順))
の方が対象となります。
※公認心理師資格をお持ちの方は登録番号の入力が必要となります
※各種有資格者は資格の種別・資格証の登録番号の入力が必要となります
【定員】80名(先着順)
【参加費】3,000円
【申込】
https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=2913048985267887&EventCode=P708320303

期日までに 上記URLもしくはチラシのQR コードから申し込みサイトにアクセスし、お申し込み・お支払いをお済ませ下さい。
※質問等ございましたら、申し込み時に所定の欄にご記入ください。当日も質疑応答の時間はございますので、その際にご質問いただくことも可能です。

【申込期限】2021年2月23日(月) 12:00まで
【注意事項】申込者の事情でキャンセルされました場合には、参加費の返金ができません。ご了承ください。
【問合せ先】兵庫県公認心理師会
メールアドレス:office@hyogo-cpp.com
ホームページ:https://www.hyogo-cpp.com/
【主催】兵庫県公認心理師会

最新記事

すべて表示

こども思春期精神分析セミナー

こども思春期精神分析研究会 コロナ禍の中の精神分析 現在私たちは、世界規模で目に見えない脅威に晒されています。2020年1月頃中国から始まったCovid-19は、瞬く間に全世界に広がり、私たちの生活と取り巻く環境は否応なしに変化を強いられました。臨床実践に携わっている私たちにとっても、クライエントにとっても、様々な影響を及ぼすことになったと言えるでしょう。そして、今も尚、「コロナ禍」の中に私たちは

サリヴァン・フォーラム

サリヴァン・フォーラム 対人関係精神分析の基礎となる対人関係論を創始した、米国の精神科医ハリー・スタック・サリヴァン(1892-1949)の思想と臨床について語り合う広場を開催します。 はじめに、川畑が、スペイン風邪流行後の大恐慌時代の福祉に関するサリヴァンの思想を踏まえ、遠心的な心理支援のパラダイムについてお話しします。続いて、村澤は、中井久夫による仕事を参考にしつつ、生命と環境を結ぶエコロジカ

KIPPセミナー特別編「鑪幹八郎 『森有正との対話の試み(第二弾):アモルファス

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局です。 本年1月21日にオンライン開催しました、鑪幹八郎先生による2020年度KIPP対人関係精神分析セミナー「森有正との対話の試み」の第二弾を急遽開催する運びとなりました。今回は、前回のセミナーで十分に時間を割くことができなかったアモルファス自我構造と日本の精神分析を中心にお話しいただきます。指定討論は、KIPPの川畑直人先生が担当されます。指定討論の

© 2021 兵庫県臨床心理士会