top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

心理科学実践センター2023年度 ワークショップ

研修主催団体: 関西学院大学文学部心理科学実践センター

研修内容: 関西学院大学 心理科学実践センター2023年度 ワークショップ

「セルフコンパッション体験ワークショップ」

【講師】有光 興記 先生 (関西学院大学 文学部教授)

【日時】10/14(土) 13:30~16:40 

【申込締切】10/9(月)19:00 *オンデマンド配信は11/18(土)12:00まで購入可

【開催形式】

①当日対面開催:関西学院大学 西宮北口キャンパス 心理科学実践センター(阪急西宮ガーデンズゲート館10階)

②当日ライブ配信:Zoom

③後日オンデマンド配信(10/21(土)~11/18(土)までの配信)

【参加費】3000円

【参加対象】

教育・福祉・産業・医療に携わる専門家および対人援助職の方、企業等のメンタルヘルスご担当の方など

【ワークショップ概要】

人のことを思いやるばかりで,自分のことは後回し。職場や家庭でうまくできていないからといって,頑張ってばかりで疲れが取れない。そんなときは,自分に優しい気持ちを向けるセルフ・コンパッションを実践すると良いことが様々な研究からわかってきています。本ワークショップでは,セルフ・コンパッションとは何かを理解し,簡単な実践を通じて優しい癒しの時間を体験していただければと思っています。

【申込詳細】http://psyser.kwansei.ac.jp/workshop2023-compassion/

最新記事

すべて表示

オンライン精神分析研究会-トラウマ再考-

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。11年目となる2023年度は精神分析とトラウマを取り上げることにしました。フロイトは元々はトラウマ論から出発し、ヒステリーの治療を行ってきました。ヒステリーの原因は性的トラウマがある、という考えでした。しかし、その後、フロイトはトラウマは空想の産物であると転換し、内的空想

bottom of page