• 兵庫県臨床心理士会

心理職全領域の働き方を大解剖! ~となりの心理事情を知り、自身の働き方を考えよう~

研修主催団体: 心理職のこれからを考えるコミュニティ@オンライン

研修内容: 心理職全領域の働き方を大解剖! ~となりの心理事情を知り、自身の働き方を考えよう~ 知っているようで知らない「となりの心理事情」をテーマに、心理職の全 6 領域(医療・教育・福祉・産業・司法・開業他)で働く方々から、どのような働き方をしているのか、その領域の心理職として大切にしていることは何か、などの話題提供をしてもらい、それに基づいて意見交換などを行います。 「他の領域の専門性を知ることで、自分の領域で求められることは何かを考えてみたい」 「今後のキャリアを考える上で、なかなか聞けない他領域の実態を聞いてみたい」 「他領域と連携する際の参考にしたい」 といった方のご参加をお待ちしています。

【日時(全 2 回)】 9/11(土)・25(土)15:00~17:30

【内容】 テーマに関する話題提供、小グループでの意見交換など

【対象者】 臨床心理士、公認心理師、臨床心理士養成系大学院生、心理的援助に関わっており守秘義務を守って頂ける方

【申し込み先】 URL先のお申込みフォームよりお申し込みください

https://www.kokuchpro.com/event/1621e6942d78d477ba546023b725aff6/

【締め切り】 9/9(木) ※ただし、定員に達し次第締め切り

【お問い合わせ先】 心理職のこれからを考えるコミュニティ@オンラインHP

https://psychology-community.jimdosite.com

【その他】 臨床心理士資格更新ポイント申請予定(2 回通しての参加が必要)

=====

主催団体「心理職のこれからを考えるコミュニティ@オンライン」とは? 2020 年 6 月、コロナ禍で「心理職がオンラインでできることを考えよう」と集まった、臨床心理士の有志団体です。 顔を合わせる機会が減ってしまった今だからこそ繋がり、気軽に情報を発信し学びあう。そんなコミュニティを皆さんと作っていきたいと考えています。

最新記事

すべて表示

日本ブリーフセラピー協会 第13回学術会議 変化と持続-変われば変わる程、同じこと-

日本ブリーフセラピー協会 第13回学術会議 変化と持続-変われば変わる程、同じこと- <大会概要>本大会は、現在の社会情勢を鑑み、対面開催とオンライン開催のハイブリッド形式で実施いたします。昨年度大会の先進的な取り組みを活かしつつ、ブリーフセラピーの原点を大切にするそんな大会を目指しています。今回の大会特別企画では、1度きりの面接でクライアントが解決に進んでいかれる方法であるシングルセッションセラ

リカバリ―全国フォーラム2021『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』

●~●~●~●~●~●~●~●~●~● リカバリ―全国フォーラム2021 『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』 2021年10月16日(土)& 17日(日) オンライン開催 ●~●~●~●~●~●~●~●~●~●  リカバリー全国フォーラムは、当事者・家族・精神保健医療福祉関係者・市民などが、 立場の違いを超えて全国から集い、活発な議論を行う場として定着しています。  近

第13回 松木邦裕セミナー on the Web「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」

第13回 松木邦裕セミナー on the Web 「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」 今年も引き続き松木先生に学ぶセミナーを企画しました。コロナ禍は終わる気配を見せず、見通しのきかない不安な生活が続いています。その影響の実態をまだ私たちは見極めることはできません。 昨年の第12回セミナーでは「精神分析はネガティブ(負)とどのように向き合うか?」と題してセミナーを行いました。