top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

思春期の心理臨床の視点からサブカルチャーを考える

【研修名】「思春期の心理臨床の視点からサブカルチャーを考える」 【案内文】心理臨床の現場で、中高生を中心とした思春期のクライエントと出会う際、 彼らにとってサブカルチャーの世界が心の拠り所となっていることに気づくことが多くあります。 またクライエントが好きなものについて語りながら、生き方を探っていく中で、 いま抱えている課題について解決への糸口がみつかることもあります。 今回の研修では、島根大学の岩宮恵子先生をお招きし、思春期に「内界の異界」に入り込むこと(異界体験)の意味、 またサブカルチャーが彼らの心にどのような影響を与えるのか、そして様々なサブカルチャーの世界を大事にしている子どもたちに、 私たちはどう寄り添うことができるかなどについて、お話ししていただきます。 【講師名】岩宮恵子先生(島根大学教授) 【開催日時】2023年9月10日(日)14:30〜17:00 【開催方法】オンライン 【定員】300名 【対象】臨床心理士 公認心理師 【参加費】大阪府臨床心理士会員:¥2,220      非会員臨床心理士/公認心理師:¥3,220 (※イベントペイ手数料¥220を含みます) 【申込方法】申込期間は大阪府臨床心理士会員と非会員臨床心理士、公認心理師で異なります。  申込はチラシに記載されているQRコードか、下記URLの申込受付フォームからお願いいたします。 【申込期間】

大阪府臨床心理士会員:2023年7月3日(月)〜8月22日(火) https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=2650419704874306&EventCode=P814543041 非会員臨床心理士/公認心理師:2023年7月24日(月)〜8月22日(火) https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=2650419704874306&EventCode=P191544457 [申込締め切り] 2023年8月22日 (定員になり次第申込を締切) [研修会についての問い合わせ先] 大阪府臨床心理士会 私設相談部会 sisetsu.soudan@gmail.com




26514187964b9272525795
.pdf
Download PDF • 432KB

最新記事

すべて表示

司法心理療法カンファレンス

研修主催団体: 非行・犯罪の問題に取り組む臨床家ネットワーク(NCWDC) 研修内容: 『司法心理療法カンファレンス』を開催します。 【概要】 英国を中心に立ち上がった犯罪への精神分析的アプローチである司法心理療法についての講演と事例検討会を行ないます。 この領域の第一人者の一人であるRonald Doctor氏を招いて、日本で初めての本格的なカンファレンスです。 【主催】 非行・犯罪の問題に取り

オンライン精神分析研究会-トラウマ再考-

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。11年目となる2023年度は精神分析とトラウマを取り上げることにしました。フロイトは元々はトラウマ論から出発し、ヒステリーの治療を行ってきました。ヒステリーの原因は性的トラウマがある、という考えでした。しかし、その後、フロイトはトラウマは空想の産物であると転換し、内的空想

bottom of page