• 兵庫県臨床心理士会

思春期青年期支援関係者向け講座 思春期青年期における さまざまな暴力や困難とその影響について

研修主催団体: NPO法人暮らしのコツ研究所


2022.5.22開催 思春期青年期支援関係者向け講座のご案内 ~

思春期青年期における さまざまな暴力や困難とその影響について~ 思春期青年期の教育現場等では、いじめや虐待、デートDV、ヤングケアラーの問題など、さまざまな困難を抱えている子どもたちが多くいます。しかしそうした問題は、全てが顕在化しているわけではありません。私たちが気づくことができ、そして、きちんと声を聴けるかどうかが子どもたちの今後の人生に大きく左右します。

 本講座は、如何に問題に気づくアンテナを張り、そして、そこから何ができるのかについて、トラウマのレンズを通して、アタッチメント、解離の症状にも触れながら、まなび、考える講座です。 会場・オンラインのハイブリッドで開催し、後日アーカイブ視聴も可能です 詳細は 下記をご参照ください

https://kurakotulabo.wixsite.com/kyoto/post/2022-5-22開催-思春期青年期支援関係者向け講座のご案内

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒