• 兵庫県臨床心理士会

愛着の理論と対応~子どもの現場から学ぶ~

近年注目が高まっている「愛着(アタッチメント)」は、不登校、ひきこもり、うつなど様々な状態と関連があるテーマです。今回は、「愛着に問題がある」とはどんな状態なのかといった基礎から、対応方法や他職種連携など具体的なtipsまで検討する企画です。現在愛知教育大学で教鞭をとられる樋口亜瑞佐先生をお招きし、お子さんの支援だけでなく、様々なケース/現場でのアプローチについて学びます。当日参加と録画視聴のご希望の形式をお選びいただけます。

【講師紹介】 樋口亜瑞佐 氏 臨床心理士/公認心理師 国立大学法人愛知教育大学 教育科学系 准教授(人間科学博士) 社会的養護の現場で心理臨床実践を重ねるなかで、主に虐待などのトラウマ体験をもつ子どもの心理臨床のあり方、アフターケアやリービングケア、多職種協働について研究活動を行う。2013年よりLGBTs専門相談機関とタイアップし、各種活動を通じて専門職の可能性を探っている。 【日時】 2021年4月28日 20:00〜22:00 【タイムテーブル】 20:00〜20:05 自己紹介 20:05〜21:00 愛着とは 21:00〜21:20 トラウマケースの愛着 21:20〜21:40 援助者として持つべき視点 21:40〜22:00 質疑応答 【対象】 臨床心理士、公認心理師など心理業務従事者 及び学生 【料金】 当日参加/録画視聴 3500円,学生 3000円 両方 6000円(学生 5500円)+スライド資料配布 500円 【リンク】 https://assemblepsy.wixsite.com/website/%E8%A4%87%E8%A3%BD-%E6%94%AF%E6%8F%B4%E5%90%91%E3%81%91-vs-1


最新記事

すべて表示

愛着の視点から子ども支援を学ぶ-迷わない支援を目指す研修会-

「支えている人を,じゃあ誰が支えたらいいんでしょうね」本研修会の打ち合わせで,樋口先生はこう語られました。 少子化社会での虐待数増加,保護者/支援者の心理的孤立化など,子ども支援現場の課題は尽きません。今回は概念が一人歩きしがちな愛着について,専門性のある正しい知識,そして,先駆者の知恵と工夫をテーマにし,これまで学ぶ機会の少なかった支援職の方々に広く届けることを目的としています。児童養護施設の現

強迫症および強迫スペクトラム障害への認知行動療法~アセスメントと課題の作り方

◆タイトル 強迫症および強迫スペクトラム障害への認知行動療法~アセスメントと課題の作り方~ ◆内容 重症な強迫症だけでなく、日常に潜む強迫的な行動の癖の治し方がテーマです。 強迫症の治療技法と思われている曝露反応妨害法、また抜毛やチックの治療はハビットリバーサルという固定観念をやぶって、その応用についてわかりやすく提示してもらいます。 応用を知ることで基本を学ぶのが楽しくなります。繰り返すうつ病や

2021年度 第2回キンダーカウンセラー研修会

2021年度 第2回キンダーカウンセラー研修会 今年度2回目の研修では、「私立幼稚園の“現場教諭のリアル”と“経営者のリアル”を知ろう!」をテーマに、幼稚園教諭、私立幼稚園経営者を講師にお迎えし、お話しいただきます。KCの先生方の多数のご参加をお待ちしております。 <日時>2021年10月24日(日)13:30~16:30 <対象>県内在勤のキンダーカウンセラー <申し込み方法>※9月24日から受