• 兵庫県臨床心理士会

愛着の理論と対応~子どもの現場から学ぶ~

近年注目が高まっている「愛着(アタッチメント)」は、不登校、ひきこもり、うつなど様々な状態と関連があるテーマです。今回は、「愛着に問題がある」とはどんな状態なのかといった基礎から、対応方法や他職種連携など具体的なtipsまで検討する企画です。現在愛知教育大学で教鞭をとられる樋口亜瑞佐先生をお招きし、お子さんの支援だけでなく、様々なケース/現場でのアプローチについて学びます。当日参加と録画視聴のご希望の形式をお選びいただけます。

【講師紹介】 樋口亜瑞佐 氏 臨床心理士/公認心理師 国立大学法人愛知教育大学 教育科学系 准教授(人間科学博士) 社会的養護の現場で心理臨床実践を重ねるなかで、主に虐待などのトラウマ体験をもつ子どもの心理臨床のあり方、アフターケアやリービングケア、多職種協働について研究活動を行う。2013年よりLGBTs専門相談機関とタイアップし、各種活動を通じて専門職の可能性を探っている。 【日時】 2021年4月28日 20:00〜22:00 【タイムテーブル】 20:00〜20:05 自己紹介 20:05〜21:00 愛着とは 21:00〜21:20 トラウマケースの愛着 21:20〜21:40 援助者として持つべき視点 21:40〜22:00 質疑応答 【対象】 臨床心理士、公認心理師など心理業務従事者 及び学生 【料金】 当日参加/録画視聴 3500円,学生 3000円 両方 6000円(学生 5500円)+スライド資料配布 500円 【リンク】 https://assemblepsy.wixsite.com/website/%E8%A4%87%E8%A3%BD-%E6%94%AF%E6%8F%B4%E5%90%91%E3%81%91-vs-1


最新記事

すべて表示

【第3回近畿認知療法・認知行動療法学会のご案内】 第3回近畿認知療法・認知行動療法学会事務局でございます。平素は学会活動にご理解とご協力を賜り、心より厚く御礼申し上げます。 この度、第3回近畿認知療法・認知行動療法学会の開催日程が決定し、大会ホームページ(参加登録サイト)を開設致しましたのでお知らせ致します。下記URLより内容をご確認いただければ幸いです。多数の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げて

主催:対人支援職向け団体Assemble クライエントとの信頼性(ラポール)の築き方、思うように支援が行き届かないこと、様々な背景(家族関係、発達障がい等)の理解など、依存症支援には、特有の難しさに出会うことが多くあります。 今回は、依存症当事者運営の回復施設と協働する、ゲーム障害等嗜癖行動支援施設「カウンセリングスペースやどりぎ」の谷川芳江先生をお招きし、福岡市の委託事業「ゲーム依存等に対応した