top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

愛着の視点から子ども支援を学ぶ-迷わない支援を目指す研修会-

「支えている人を,じゃあ誰が支えたらいいんでしょうね」本研修会の打ち合わせで,樋口先生はこう語られました。

少子化社会での虐待数増加,保護者/支援者の心理的孤立化など,子ども支援現場の課題は尽きません。今回は概念が一人歩きしがちな愛着について,専門性のある正しい知識,そして,先駆者の知恵と工夫をテーマにし,これまで学ぶ機会の少なかった支援職の方々に広く届けることを目的としています。児童養護施設の現場経験が長く,現在愛知教育大学で教鞭をとられる樋口亜瑞佐先生をお招きし,子ども支援について多面的に取り上げていただきます。当日参加と録画視聴のご希望の形式をお選びいただけます。

【講師紹介】

講師:樋口亜瑞佐 氏 臨床心理士/公認心理師 国立大学法人愛知教育大学 教育科学系 准教授(人間科学博士)

社会的養護の現場で心理臨床実践を重ねる中で主に虐待などのトラウマ体験をもつ子どもの心理療法のあり方,リービングケアやアフターケア,多職種協働について研究活動を行う。2013年よりLGBTs専門相談機関とタイアップし,各種活動を通じて専門職の可能性を探っている。

聞き手:森山みな美 氏 臨床心理士/公認心理師/社会福祉士/コーチ

【主なプログラム】

・事前アンケートシェアや掘り下げ

・講義 愛着とは,愛着の多様性,養育者/支援者が迷わないために

・フォームなどの質疑応答/まとめ

【対象】 対人支援職(福祉/教育/心理等)や学生 子どもに関わる全ての支援者(学生)にご参加いただけます

【料金】

当日参加/録画視聴 3500円(学生 3000円)

両方 6000円(学生 5500円) 

 +PDF資料つき 500円

※ご友人紹介チケット500円引き(両名とも)

【日時】11/12(金) 20時-22時

【録画視聴期間】11/22~12/20

【申込フォーム】https://forms.gle/rYchFZbJEmAkr6Bn7

【お問い合わせ】assemble.psy@gmail.com  

対人支援職向け団体「Assemble」は、支援職にとって、安定して学べる場を会得することや新たなつながりを作っていくことを目的とした団体です。  

今後も様々な研修会を開催していく予定です。今後の研修会内容については以下のアカウントで随時紹介していきます。ご興味をお持ちいただけた方はフォローよろしくお願い致します。

【Twitter】@Assembl88321106

最新記事

すべて表示

「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」

神戸学院大学心理臨床カウンセリングセンター主催フォーラムのご案内 テーマ「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」 テーマを「中長期的被災地支援について考える」とし、シンポジストに髙橋紀子先生 (臨床心理士・公認心理師)を迎えます。 髙橋先生は大学勤務を経て、臨床心理士として福島県で被災地支援活動を開始。 南相馬ひきこもり支援センター、非営利団体「桃の駅」を立ち

WISC-Ⅴオンライン研修会~ⅣからⅤの変更ポイントをおさえ、よりよい支援につなげよう~

研修主催団体: NPOフトゥーロ 研修内容: ●S.E.N.S更新2ポイント(Ⅵ 領域)対象研修 ●臨床心理士ポイント申請予定 臨床心理士のポイントについては臨床心理士教育・研修委員会規程別項 第2条(4)、およびオンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)に則って申請予定です。 *ただし、2024年6月現在、本オンライン研修が臨床心理士ポイント付与の要件を満たすかは明確ではないことをご了解いた

2024年度第1回日本ユング心理学会オンライン事例検討セミナー

研修主催団体: 日本ユング心理学会 研修内容: 【2024年度第1回日本ユング心理学会(JAJP) オンライン事例検討セミナー】 日時:2024年8月18日(日)12:00~17:00 会場:オンライン(Zoom) 講師:河合 俊雄(京都こころ研究所)、田中 康裕(京都大学教育学研究科) テーマ:「心理療法場面における夢の扱い方」 事例発表:2名「夢分析」というはっきりした形でなくても、面接経過の

Comments


bottom of page