top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

感情理解の鍵 ~フェルドマン・バレットの情動理論を認知行動療法に活かすために~

【セミナータイトル】

感情理解の鍵 ~フェルドマン・バレットの情動理論を認知行動療法に活かすために~


【内容】

認知療法の創始者ベックは「認知に至る王道は感情である」と述べています。感情についての理解を深めることで「認知」をとらえやすくなるという考え方です。

感情への理解は、その感情が扱うべきもの(=クライエントのホットな認知につながるもの)なのか、そうでないかを判断する指針としてとても大切です。

また、感情と身体感覚は非常に密接な関係にあるので、感情について学ぶことはマインドフルネスにも大いに役立ちます。

『感情』について学ぶことは、セラピーを行う上でたくさんの利点があります。

本研修では、認知行動療法の系統では意外と学ぶ機会が少ない『感情』について専門的に学ぶことができます!


【会場】オンライン(ライブ+録画)


【日時】

ライブ視聴:: 2023年12月16日(土)13:30 ~ 16:40(10分間の休憩有り)

アーカイブ視聴:2023年12月17日(日)~ 2024年1月13日(土)


【申込締め切り】

ライブ視聴:2023年12月15日まで

アーカイブ視聴:2024年1月8日まで


【時間】3時間


【受講料】

4,000円(税込)

※オンラインコミュニティ「認知行動療法の学校」会員様は無料でご参加可能です。


【講師】

大平 英樹

名古屋大学大学院情報学研究科教授。

1990年、東京大学大学院社会学研究科修了。博士(医学)。

専門は生理心理学、認知科学、精神神経内分泌免疫学。

編著『感情心理学・入門』(有斐閣)ほか


【対象】

メンタルヘルス支援者、それを目指す学生


【お申込み方法】

Peatixよりチケットをご購入ください


【主催】

認知行動療法カウンセリングセンター


【お問い合わせ先】

認知行動療法カウンセリングセンター

事務局



【チラシ】感情心理学セミナー
.pdf
ダウンロード:PDF • 307KB

最新記事

すべて表示

「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」

神戸学院大学心理臨床カウンセリングセンター主催フォーラムのご案内 テーマ「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」 テーマを「中長期的被災地支援について考える」とし、シンポジストに髙橋紀子先生 (臨床心理士・公認心理師)を迎えます。 髙橋先生は大学勤務を経て、臨床心理士として福島県で被災地支援活動を開始。 南相馬ひきこもり支援センター、非営利団体「桃の駅」を立ち

WISC-Ⅴオンライン研修会~ⅣからⅤの変更ポイントをおさえ、よりよい支援につなげよう~

研修主催団体: NPOフトゥーロ 研修内容: ●S.E.N.S更新2ポイント(Ⅵ 領域)対象研修 ●臨床心理士ポイント申請予定 臨床心理士のポイントについては臨床心理士教育・研修委員会規程別項 第2条(4)、およびオンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)に則って申請予定です。 *ただし、2024年6月現在、本オンライン研修が臨床心理士ポイント付与の要件を満たすかは明確ではないことをご了解いた

2024年度第1回日本ユング心理学会オンライン事例検討セミナー

研修主催団体: 日本ユング心理学会 研修内容: 【2024年度第1回日本ユング心理学会(JAJP) オンライン事例検討セミナー】 日時:2024年8月18日(日)12:00~17:00 会場:オンライン(Zoom) 講師:河合 俊雄(京都こころ研究所)、田中 康裕(京都大学教育学研究科) テーマ:「心理療法場面における夢の扱い方」 事例発表:2名「夢分析」というはっきりした形でなくても、面接経過の

Comments


bottom of page