top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

日常臨床のための対象関係論WEBセミナー第三期

【研修会名】日常臨床のための対象関係論WEBセミナー第三期

【開催日】2022年5月23日

【会場】WEB上(ストリーミング配信)

【概要】第三期セミナーの内容(年間10回)

今期は「日常臨床のためのクライン派入門」を予定しております。私たちは、とかく破壊性を向けられたり、陰性転移が起きてしまったり、中断になったりすることに臆病ですが、セラピーや援助においてとても大事になるのは、実はそうした難しい局面になってから、そこをどう生き残るかにあります。 人間のこころの暗部に鋭い洞察力を発揮するクライン派理論と技法は、日常臨床においても、破壊性をどう生き残るかに多くの叡智をもたらしてくれることでしょう。 なお、講師は祖父江典人ひとりによる講義です。その分、年間一つのテーマに対して系統的な視点で一貫した内容をお届したいと考えています。 ご関心のある方は、ぜひ下記URLより、「ご案内」「申込書」をご参照ください。

https://nagoya-psychotherapy.com/seminar/

【お問い合わせ】

日常臨床のための対象関係論セミナー事務局

taisho_kankeiron_nagoya@yahoo.co.jp

最新記事

すべて表示

基礎から学ぶウェクスラー式知能・発達検査(WAIS、WISC) ――WAIS-III⇒IV、WISCIV⇒Vの改良点も踏まえて―― 概要:ウェクスラー式基礎検査について,さわったことも見たこともない人から、今まさに 学んでいる最中の人を対象とし、大まかな開発の歴史、知能とは何か、測定しているもの、 因子構造などの背景も踏まえつつ解説します。近年の WAIS-III(ウェイス・スリー)から IV(フ

bottom of page