• 兵庫県臨床心理士会

日本ブリーフサイコセラピー学会 第32回東京オンライン大会

・研修主催団体名:日本ブリーフサイコセラピー学会

・研修会名:第32回東京オンライン大会

・情報の公開範囲の希望:会員以外にも掲載する

・情報の掲載期限:2022年8月21日(月)


<研修内容(掲載用)>

【日本ブリーフサイコセラピー学会第32回東京オンライン大会のご案内】

■日程:

・大会ワークショップ:2022年6月5日(日)

・学術大会:2022年9月10日(土)、11日(日)


■会場:Zoomによるオンライン開催


■参加申込方法:

・第32回東京オンライン大会ホームページ( http://online2022.jabp.jp/)の「参加申込フォーム」より、お申し込みいただけます。詳細は、ホームページをご参照ください。

・申し込み締切り:大会ワークショップは5月16日(月)、学術大会は8月21日(日)


■参加費:

・大会ワークショップ:会員7,000円、非会員8,000円、学生5,000円(一部2,500円)

・学術大会:会員8,000円、非会員9,000円、学生2,500円


■問い合わせ先:jabp-desk@conf.bunken.co.jp(オンライン大会ヘルプデスク)


■備考:臨床心理士ポイントを申請予定です。


この機会をご活用いただき、日々の臨床のお役に立てていただけますと幸いです。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。


■運営団体名:日本ブリーフサイコセラピー学会 第32回東京オンライン大会事務局


第32回東京オンライン大会 学術�大会ポスター
.pdf
Download PDF • 1.04MB
第32回東京オンライン大会 大会�ワークショップポスター
.pdf
Download PDF • 1.07MB


最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒