top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

日本ブリーフセラピー協会 第13回学術会議変化と持続-変われば変わる程、同じこと-

更新日:2021年9月29日

日本ブリーフセラピー協会 第13回学術会議

変化と持続-変われば変わる程、同じこと-


<大会概要>本大会は、現在の社会情勢を鑑み、対面開催とオンライン開催のハイブリッド形式で実施いたします。昨年度大会の先進的な取り組みを活かしつつ、ブリーフセラピーの原点を大切にするそんな大会を目指しています。今回の大会特別企画では、1度きりの面接でクライアントが解決に進んでいかれる方法であるシングルセッションセラピーのワークショップを行います。イタリアよりシングルセッションセラピーの第一線でご活躍されているCannistrà博士をお呼びし、日々の臨床だけではなく、緊急支援などの特別な場面にも役立つエッセンスを学べるワークショップとなっております。その他にも多数の魅力的なワークショップ、シンポジウムを開催いたします。


<大会参加申込み>

大会参加申込締め切り:2021年10月30日(土)

ワークショップ参加申込期間:2021年9月1日(水)~10月30日(土)


<大会参加費>

大会参加費 会員10,000円・非会員15,000円・会員(学生)6,000円ワークショップ(WS)費1WSチケット 会員1,000円・非会員1,200円・会員(学生)800円フリーパス 会員10,000円・非会員12,000円・会員(学生)8,000円


<臨床心理士ポイント>本大会では臨床心理士研修のポイント申請を予定しております。(プログラム参加条件あり)詳細は以下のURLよりご確認ください。 https://www.senkyo.co.jp/nfbt2021/index.html

最新記事

すべて表示

研修主催団体:対人支援職向け団体Assemble 研修内容: 【性暴力被害の支援-被害の今と、できることを知る-】 ◎本研修会について◎ 今回は、”性暴力被害の実際” ”性暴力被害の心理支援”著者のお一人、齋藤 梓先生をお招きし、性暴力被害の研究/調査、支援に必要な知識などをご講義いただきます。 想像よりはるかに身近な”性暴力被害”の今、そして、対人支援職にできることを学び、日々の支援に活用してい

【講師】 川野直久(かわのなおひさ) 看護師・認定行動療法士 医療法人藤樹会 滋賀里病院 認知行動療法室 主任 看護CBTを学ぶ会 代表 【内容】 保険適用の認知行動療法が行える数少ない看護師、川野先生の研修です。 基礎研修なので、看護師、コメディカルに関わらず、どんな方にもご参加いただけます! ・認知行動療法(CBT)とは ・行動療法について ・認知療法について ・認知行動療法の使いどころ ・知

bottom of page