• 兵庫県臨床心理士会

日本ロールシャッハ学会第26回大会「EBA(Evidence Based Approach)におけるロールシャッハ・テストの活用―投映法のサイエンスとアートの調和―」

日本ロールシャッハ学会第26回大会「EBA(Evidence Based Approach)におけるロールシャッハ・テストの活用―投映法のサイエンスとアートの調和―」

会 期 2022年9月3日(土)4日(日)

会 場 関西大学千里山キャンパス(大阪府吹田市)

大会長 寺嶋繁典(関西大学)


ワークショップ 伊藤宗親 (岐阜大学),小笠原將之(関西福祉科学大学),奥田亮(大阪樟蔭女子大学),加藤志ほ子(南青山心理相談室)・吉村聡(上智大学),小海宏之(花園大学),髙橋昇(愛知淑徳大学)


イブニングセミナー「わが国における投映法の歩み」 小川俊樹(放送大学・筑波大学),

特別講演「ロールシャッハ・テストにおけるサイエンスとアート」 高橋依子(大阪樟蔭女子大学名誉教授)


教育講演「ヘルマン・ロールシャッハとインクブロット:その歴史と展望」 高瀬由嗣(明治大学)


シンポジウム「EBAにおけるロールシャッハ・テストの活用-投映法のサイエンスとアートの調和」 

話題提供 川端康雄(大阪医科薬科大学),二宮ひとみ(株式会社リヴァ)  

指定討論者 髙橋靖恵(京都大学・油山病院),寺嶋繁典(関西大学)


日本ロールシャッハ学会第26回大会準備委員会

〒564-8680

大阪府吹田市山手町3丁目3番35号

関西大学法文研究室棟寺嶋研究室

主催 日本ロールシャッハ学会

後援 一般社団法人日本心理臨床学会、一般社団法人日本臨床心理士会包括システムによる日本ロールシャッハ学会、公益社団法人日本心理学会

申し込み方法など、詳細は下記の添付ファイルをご参照ください。

関連URL https://www2.kansai-u.ac.jp/jsrpm26



最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒