top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

日本学校心理学会第67回研修会『子どもたちの命を守る-学校におけるいじめと自殺予防-』

日本学校心理学会 第67回研修会 『子どもたちの命を守る -学校におけるいじめと自殺予防-』


講師:

伊藤 美奈子(イトウ ミナコ)先生    

奈良女子大学 教授


日時:令和5年2月11日(土・祝)13:30~16:00   

   ※入室は13:00から可能です。


講演内容  

 あとを絶たないいじめ等による重大事案。そこには、「他者の命を大切にできない子どもたち」「自分の命を全うすることができない子どもたち」が存在します。今、何が必要か?今、何ができるのか?子どもたちにとって「いのち」「死」とは?教育の場で、どのように伝えればいいのか?

 教師の苦悩も様々。どう扱ったらいいのかわからない。。。いい教材が見つからない・・・子どもに負の影響はないのだろうか??そして「いのちの授業・死の授業」はどうあるべきか?  

 自殺に追いつめられる児童生徒の心理や、自殺直前のサインなどを紹介するとともに、自殺予防に向けての具体的な対応について「生命尊重教育」という視点から、未来ある子どもたちのために、みんなで考えていくきっかけとしたい。  

また、この度改訂される「生徒指導提要」の改訂に関する協力者会議に委員として参加した立場から、関連する情報も提供する予定です。


参加費 参加費:会員…1,000円,非会員…3,000円


お申し込み http://ptix.at/jvpr3Z

最新記事

すべて表示

ロールプレイで学ぶ、子供支援のコンサルテーション~必要な情報の聴き取りと、介入プランシートを活用した支援方法~

【セミナータイトル】 ロールプレイで学ぶ、子供支援のコンサルテーション~必要な情報の聴き取りと、介入プランシートを活用した支援方法~ 【概要】 本セミナーでは子供支援における保護者や教師へのコンサルテーションについて、大切な姿勢や聴き取りの流れをロールプレイでご覧頂く事で学んで頂けます。また、コンサルテーションで聞き取った情報を介入プランシートを活用した支援方法の方策の立て方を一緒に練習して頂ける

「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」

神戸学院大学心理臨床カウンセリングセンター主催フォーラムのご案内 テーマ「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」 テーマを「中長期的被災地支援について考える」とし、シンポジストに髙橋紀子先生 (臨床心理士・公認心理師)を迎えます。 髙橋先生は大学勤務を経て、臨床心理士として福島県で被災地支援活動を開始。 南相馬ひきこもり支援センター、非営利団体「桃の駅」を立ち

WISC-Ⅴオンライン研修会~ⅣからⅤの変更ポイントをおさえ、よりよい支援につなげよう~

研修主催団体: NPOフトゥーロ 研修内容: ●S.E.N.S更新2ポイント(Ⅵ 領域)対象研修 ●臨床心理士ポイント申請予定 臨床心理士のポイントについては臨床心理士教育・研修委員会規程別項 第2条(4)、およびオンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)に則って申請予定です。 *ただし、2024年6月現在、本オンライン研修が臨床心理士ポイント付与の要件を満たすかは明確ではないことをご了解いた

Kommentare


bottom of page