• 兵庫県臨床心理士会

日本学校心理学会 第65回研修会学校における自殺予防の進め方

日本学校心理学会では、新井肇先生(関西外国語大学教授)を講師としてお迎えして、第65回研修会を開催いたします。テーマは『学校における自殺予防の進め方』です。研修会の概要は以下の通りです。お申し込み・お問い合わせは、末尾のwebページからお願いいたします。皆様のご参加をお待ちしております。


日本学校心理学会 第65回研修会

学校における自殺予防の進め方

講師:新井肇(アライハジメ)先生

   関西外国語大学教授

日時令和4年4月29日(金・祝)13:30~16:00

※入室は13:00から可能です。開催方法 Zoomによるオンライン開催講師から

 深刻な状況にある児童生徒の自殺の防止に向けて、自殺の危険の高い児童生徒への支援(「危機介入」)に加えて、生涯にわたる精神保健の観点からすべての児童生徒を対象に「自殺予防教育」を実施することが喫緊の課題となっている。

 そこで、児童生徒の自殺の現状と背景、大人と異なる特徴や原因・動機などを検討したうえで、今後、学校において自殺予防を進めるための方向性と課題について考えてみたい。

参加費会員…1,000円,非会員…3,000円

お申込み・お問い合わせ https://peatix.com/event/3177090/

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒