• 兵庫県臨床心理士会

日本描画テスト・描画療法学会第30回大会

主催:日本描画テスト・描画療法学会第30回大会運営委員会(佛教大学内)

大会会長:松瀬喜治(佛教大学)     

お問い合わせ先:E-mail: byoga30@bukkyo-u.ac.jp ; matsuse@bukkyo-u.ac.jp

研修会名:日本描画テスト・描画療法学会第30回大会

大会ホームページ:http://www.byoga30.jp/

配信期間:2021年11月5日~12月24日

開催形式:オンライン開催(オンデマンド形式)

情報掲載期限:2021年11月26日

大会テーマ:臨床イメージの働き

主なプログラム:特別講演:「描画テストと描画療法の架け橋」   講演者:高橋依子(大阪樟蔭女子大学名誉教授・日本描画テスト・描画療法学会会長)

        特別コンサート:谷川俊太郎&谷川賢作コンサート

                「ことば、おと、そしてイメージ」

        シンポジウム

指定討論者:藤原勝紀(京都大学名誉教授、

                  (公財)日本臨床心理士資格認定協会専務理事)

        話題提供者:

           「投映法における臨床イメージ」松瀬喜治(佛教大学教育学部)            「箱庭と臨床イメージ」   石原 宏(島根大学人間科学部)     

           「内観における臨床イメージ」真栄城輝明(大和内観研修所)

研究発表・事例検討の他に認定描画療法士研修会、様々な描画技法のワークショップも開催。プログラムの詳細は、大会HP(http://www.byoga30.jp/)をご参照ください。


 なお、本大会、研修会、WSは臨床心理士資格更新の研修ポイントの対象です。




最新記事

すべて表示

リカバリ―全国フォーラム2021『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』

●~●~●~●~●~●~●~●~●~● リカバリ―全国フォーラム2021 『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』 2021年10月16日(土)& 17日(日) オンライン開催 ●~●~●~●~●~●~●~●~●~●  リカバリー全国フォーラムは、当事者・家族・精神保健医療福祉関係者・市民などが、 立場の違いを超えて全国から集い、活発な議論を行う場として定着しています。  近

第13回 松木邦裕セミナー on the Web「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」

第13回 松木邦裕セミナー on the Web 「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」 今年も引き続き松木先生に学ぶセミナーを企画しました。コロナ禍は終わる気配を見せず、見通しのきかない不安な生活が続いています。その影響の実態をまだ私たちは見極めることはできません。 昨年の第12回セミナーでは「精神分析はネガティブ(負)とどのように向き合うか?」と題してセミナーを行いました。

愛着の視点から子ども支援を学ぶ-迷わない支援を目指す研修会-

「支えている人を,じゃあ誰が支えたらいいんでしょうね」本研修会の打ち合わせで,樋口先生はこう語られました。 少子化社会での虐待数増加,保護者/支援者の心理的孤立化など,子ども支援現場の課題は尽きません。今回は概念が一人歩きしがちな愛着について,専門性のある正しい知識,そして,先駆者の知恵と工夫をテーマにし,これまで学ぶ機会の少なかった支援職の方々に広く届けることを目的としています。児童養護施設の現