• 兵庫県臨床心理士会

日本精神分析協会 『第8回Lecture Day』

日本精神分析協会


2022年3月20日(日)13:00~17:00 オンライン

開催講師:松木邦裕・鈴木智美・権成鉉司会:吾妻壮

『ネガティブ・ケイパビリティを考えるーその理論と応用』

英国の詩人ジョン・キーツによって着想されたネガティヴ・ケイパビリティの概念は、ビオンによって精神分析に導入されました。その意義は多様であり、学派を超えて、さまざまな観点から論じられています。今回のLecture Dayでは、このネガティヴ・ケイパビリティの概念を取り上げ、精神分析的臨床における理論と応用について、その概念の提示状況、後期ビオンにおいての位置付け、対象関係論における意義、精神分析的集団療法における有用性などについて、3人の精神分析家に論じてもらいます。近年注目されているネガティヴ・ケイパビリティについて、さまざまな角度から理解することのできる企画となっております。

日本精神分析協会LECTURE DAY 第8回案内
.pdf
Download PDF • 196KB

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒