top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

日本精神分析的心理療法フォーラム第12回大会のご案内

日本精神分析的心理療法フォーラム

第12回大会のご案内


 本フォーラムは、変わりゆく社会の中の様々な領域で精神分析実践や思想が果たす役割を探索し続ける実践者や研究者の自由な討議の場として設立されました。今大会では、『あなたもそのメンバーの一人であるところのグループ』をテーマとし、国ないし世界というグループ(数千万〜億人)、何らかの運営団体ないし組織としてのグループ(数十〜数百人)、小グループ(8人前後)の 3 つの対象について学問的に論じるシンポジウムを企画しました。また、『コロナ禍において子どもの世界で何が起きているのか』というテーマで、子どもや子どもをとりまく環境に直接に関わる臨床現場で活躍されている先生方をシンポジストとしてお招きし、現場で起きていることについて論じる分科会も企画しています。

 今大会では大会初日・2日目ともに、事例検討を除く大会企画、並びに一般演題の一部について、現地・対面とオンラインのハイブリッド開催を行う予定です。遠方の方も、この機会に是非ご参加いただければと思います。多くの方のご参加をお待ちしております。


なお、祇園祭・宵山と重なるため、ご宿泊を予定される場合、会場校近辺にてお早めのご予約をお勧めします。

かなりの混雑が予想されますので、会場の京都大学のお近くか、御池通り以北等に宿を取られることをお勧めします。

あるいは、地下鉄か京阪沿線であれば、比較的移動しやすいかと存じます。

お帰りの際の経路等は大会前・当日に別途アナウンスいたします。


日時:7月15日(土)10:00~19:00

   7月16日(日)10:00~17:00

会場:京都大学 吉田南構内

(一部大会企画・演題はオンラインでライブ配信予定)


会場:京都大学 吉田南構内

大会長:塩飽 耕規


参加費:会員・5,000円、非会員・10,000円

    院生会員・3,000円、院生非会員・4,000円

*予約参加のみとさせていただいています。

申込期限:5月末日(振り込み期限:6月13日)


▼大会情報


▼プログラム表


▼参加申し込みフォーム


*当会の年次大会は日本臨床心理士資格認定協会の

短期型ワークショップとして承認されています(第2条第4項・2ポイント)。

ただし、研修証明書はオンライン参加と現地参加によって異なるものを発行します。


*新型コロナウィルス感染症の影響のため、全面オンライン化する場合があります。

▼感染症対策

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


最新記事

すべて表示

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践 【内容】 セルフ・コンパッションをご存知ですか? 「自分自身に思いやりを向けること」を意味し、CFT(コンパッション・フォーカスト・セラピー)で用いられている手法です。うつ病、不安症、PTSD、双極性障害など幅広く効果が実証されています。 本セミナーではCFTの創始者であるポール・ギルバート博士か

コメント


bottom of page