• 兵庫県臨床心理士会

日本精神分析的自己心理学協会 2022年度第1回公開セミナー 「自我、超自我、エス」再考

日本精神分析的自己心理学協会

2022年度第1回公開セミナー 「自我、超自我、エス」再考


本年度の公開セミナーは「今、自我心理学を臨床に」をシリーズテーマとしています。本年度3つのセミナーを通して、古典的な精神分析と見なされがちな自我心理学の現代的な意義、臨床的有用性を探っていきたいと考えています。第1回のテーマは「『自我、超自我、エス』再考」です。セミナー講師は、日本における自我心理学の第一人者である妙木浩之先生です。 午前の部は妙木先生から本テーマに関するご講演をいただきます。午後の部はグループスーパーヴィジョンです。妙木先生には助言者として引き続き登壇していただきます。 こちらはオンラインセミナーとなっています。地域を問わず、多くの方からのご参加を心よりお待ちしています。なお、本セミナーは「臨床心理士資格更新のためのポイント(1ポイント)」を承認されています。

1. 概要

[テーマ]  「自我、超自我、エス」再考

[講 師]   妙木 浩之(東京国際大学)

[日 時]  2022年7月31日(日)10:00〜16:00

[場 所]  Zoomによるオンライン開催

[参加費]   (1)JFPSP正規訓練生…4,000円

       (2)大学院生(修士課程)…4,500円

       (3)その他守秘義務を有する専門家…6,500円

[申込方法]  JFPSPのHP上、申込フォームよりお願いします。

      http://jfpsp.net/OpenSeminar2022.html

[問合せ先]  E-mail:  seminar@jfpsp.org

[重 要]  本セミナーは、JFPSP自己心理学協会によって録画されます。個人による録音・録画は固く禁じております。 質疑応答も録画対象です。録画映像からご自身の発言を削除することを希望される場合は、本セミナー終了後2週間以内にseminar@jfpsp.orgまでにご一報ください。 本セミナーは「臨床心理士資格更新のためのポイント(1ポイント)」を承認されています。

2. プログラム

午前の部 【講演と討論】 10:00 – 12:00

[題 目]   「自我、超自我、エス」再考

[講 師]   妙木 浩之(東京国際大学)

昼休憩 12:00 – 13:00 

午後の部 【グループスーパーヴィジョン】 13:00 – 16:00

[事例提供] 井手原 千恵(名古屋⼤学学⽣⽀援本部アビリティ⽀援センター)

[助 言]   妙木 浩之



最新記事

すべて表示

ソマティック・エクスペリエンシング・SE™トラウマ療法 2023年SE™福島 SE™プラクティショナー養成コースのご案内 2023年より、SE™がさらに学びやすくなります! SE™は、米国のピーター・ラヴィーン博士によって開発されたトラウマ療法で、世界各国で実践されています。日本でも、臨床心理士、精神科医、ボディーワーカーなどの方たちを中心にしてこれまで12期(約540名)が学んでいます。SE™で

アーカイブ視聴「不安症へのエクスポージャー法」 ■概要 不安は誰もが経験する感情です。不安自体は生きていく上でなくてはならない大切な感情ですが、時に日常生活に支障を及ぼすほどの影響を及ぼすことがあります。社交不安、恐怖症、パニック症などさまざまな症状として出現します。 本セミナーでは、こうした不安症状ついての基本的な知識や治療技法についてまずは講義します。特に不安症にはエクスポージャー法が重要にな

例年、花園大学心理カウンセリングセンターでは公開講演会を実施してきました。昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、オンライン(オンデマンド)配信での実施となりましたが、今年度は対面形式に戻しての開催となります。 講演会の概要はチラシをご覧ください。 多数のお申し込みをお待ちしています。 花園大学心理カウンセリングセンター