• 兵庫県臨床心理士会

日本精神分析的自己心理学協会2022年度第2回公開セミナー「抵抗分析」への抵抗を分析する:抵抗分析の現代的意義

日本精神分析的自己心理学協会

2022年度第2回公開セミナー

「抵抗分析」への抵抗を分析する:抵抗分析の現代的意義


本年度の公開セミナーは「今、自我心理学を臨床に」をシリーズテーマとしています。本年度3つのセミナーを通して、古典的な精神分析と見なされがちな自我心理学の現代的な意義、臨床的有用性を探っていきたいと考えています。第2回のテーマは「『抵抗分析』への抵抗を分析する:抵抗分析の現代的意義」です。セミナー講師は、慶應義塾大学の岡田 暁宜先生です。

午前の部は岡田先生から本テーマに関するご講演をいただきます。午後の部はグループスーパーヴィジョンです。岡田先生には助言者として引き続き登壇していただきます。

こちらはオンラインセミナーとなっています。地域を問わず、多くの方からのご参加を心よりお待ちしています。なお、本セミナーは「臨床心理士資格更新のためのポイント(1ポイント)」を承認されています。


1. 概要

[テーマ]  「抵抗分析」への抵抗を分析する:抵抗分析の現代的意義

[講 師]  岡田 暁宜(慶応義塾大学)

[日 時]  2022年11月27日(日)10:00 - 16:00

[場 所]  Zoomによるオンライン開催

[参加費]   (1)JFPSP正規訓練生…4,000円

      (2)大学院生(修士課程)…4,500円

      (3)その他守秘義務を有する専門家…6,500円

[申込方法]  JFPSPのHP上、申込フォームよりお願いします。

      http://jfpsp.net/OpenSeminar2022.html

[問合せ先]  E-mail:  seminar@jfpsp.org

[重 要]   本セミナーは、JFPSP自己心理学協会によって録画されます。個人による録音・録画は固く禁じております。

質疑応答も録画対象です。録画映像からご自身の発言を削除することを希望される場合は、本セミナー終了後2週間以内にseminar@jfpsp.orgまでにご一報ください。

本セミナーは「臨床心理士資格更新のためのポイント(1ポイント)」を承認されています。


2. プログラム

  午前の部 【講演】 10:00 - 12:00

   [講師]    岡田 暁宜(慶応義塾大学)

  昼休憩 12:00 - 13:00 


  午後の部 【グループスーパーヴィジョン】 13:00 - 16:00

  [事例発表者] 菅田 雄介(大船こころの相談室)

  [助言者]   岡田 暁宜(慶応義塾大学)




最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒